教育・学習アプリを作りたい!開発方法や費用相場を解説

スマートフォンが普及し始めて、およそ10年が経過しました。その浸透の速さは目まぐるしく、今や一人一台スマートフォンを持っていることが当たり前と言っても過言ではないでしょう。ガラパゴスケータイと呼ばれる、それまで主流であった携帯電話と異なり、スマートフォンにはさまざまなアプリケーションが搭載されています。生活を便利にするものから仕事に役立つもの、エンターテイメント関連のものまでさまざまです。

そんなアプリの中でも近年人気を博しているのが、教育・学習アプリです。紙の参考書代わりになったり、遠隔であってもまるで対面しているかのように授業を受けられたりと、便利な機能が搭載されており、学生をはじめとして大人にも多く利用されています。

そんな学習に特化したアプリですが、いざ開発するとなるとどの程度の費用がかかるのでしょうか。

そこで、今回は教育・学習アプリの開発方法や費用相場などを一挙にご紹介します。現在アプリを開発している方や、これから開発を検討している方はぜひ参考にして下さい。

教育アプリ・学習アプリが人気!

新型コロナウィルスの影響によって、社会生活に大きな変化が起こりました。会社では従来のオフィスワークからリモートワークへ移行し、学校や学習塾でもオンライン授業画と入れられるようになっています。

特に社会人の方は通勤時間などが短縮されたことで、資格取得の学習を始めた方も多いのではないでしょうか。

こうした背景もあり、現在は学校の授業や課題だけでなく、大人に向けた資格取得のための本格的な学習にまで活用されるようになりました。

学習アプリは場所を選ばないだけでなく、スマートフォンとの機能と連携させることにより、自分だけの学習プログラムを構築したり、自分のペースで効率よく学習を進められるよう管理したりといった側面からも非常に便利なものです。学校や企業も積極的に学習アプリを活用する動きが活発化しているため、今後ますますの浸透が予想されるでしょう。

教育アプリの主な種類

ここからは、教育・学習アプリの主な種類についてご紹介していきます。

アプリのタイプには主に「学習型」と「サポート型」の2種類に分かれ、それぞれメリット・デメリットが異なります。まずはタイプ毎に違いについて確認していきましょう。

学習型

学習型アプリは学校の授業のように、新たに学びを得ることができるアプリを指します。

具体的には英単語アプリや計算アプリのように勉強したい分野に特化したコンテンツが充実していて、問題集のように使えたり、予習・復習に役立つ機能を搭載していたりといった特徴があります。

パソコン・スマートフォン・タブレットがあれば、いつでもどこでも勉強できるため、すきま時間や通学の時間を有効活用できることがメリットです。

また、学習塾や専門のスクールより安価で利用できる点もアプリならではでしょう。月々1000円以下で本格的な学習ができるアプリもあるため、まとまった学習資金がない方でも安心です。その他、カリスマ講師などによるコンテンツが充実しているサービスであれば、予約抽選の漏れなどなく、確実に質の高い授業を受けられます。

一方で、デメリットとしては一方通行の学習に陥りやすい点が挙げられます。

一般的にオンライン授業は講師による授業を録画したものを扱うため、双方向のコミュニケーションやリアルタイムでの質疑応答が行えません。場合によっては、間違った認識のまま学習を進めてしまうこともあるでしょう。

また、オンライン学習は自宅や好きな場所で学習を進められる一方、教室や受講者の一体感が生まれにくい点もデメリットと言えます。共に学習を進める仲間がいないとモチベーションを保てない方には、合わないかもしれません。

サポート型

サポート型学習アプリとは、主に学習のモチベーションを保つために設計されたアプリのことです。具体的には学習時間を管理したり、英単語帳などを作成したりするものがこれにあたります。また、中には他のスマートフォンアプリの利用に制限をかけられるものもあるようです。こうした機能を活用することで、意識を学習に集中させられるでしょう。

そんなサポート型アプリのメリットは自分に合った学習方法をカスタイマイズできたり、効率を向上させられたりする点です。また、サポート型アプリの中には無料で提供されているものも多いため、利用しやすいといった特徴もあります。

一方で、あくまでアプリは補助にすぎないため自己管理が必要な点と、アプリそのものに学習効果がない点は押さえておきましょう。

ちなみに開発の観点では、サポート型アプリは学習型アプリの開発と比べ、比較的容易に済む傾向があります。

教育アプリに必要な機能とは?

ここでは教育・学習アプリに必要な機能についてご紹介します。先ほどご紹介した通り、一口に教育系アプリといっても、学びを得るための「学習型」と学びをサポートする「サポート型」があるため、どのようなアプリを作るかによって必要な機能も変わります。

では実際に、現在使われているアプリにどのような機能が搭載されているか見てみましょう。

<学習型アプリ>

・動画配信、再生、ダウンロード機能

・テキストや資料のダウンロード機能

・学習レベル判別機能

・問い合わせ/質問機能

・目標設定機能

・学習管理機能

など

<サポート型アプリ>

・目標設定/到達率管理機能

・継続率管理機能

・リマインダー機能

・アプリケーション制限機能

など

最近ではスマートフォンだけでなく、画面が大きい、手書き機能があるといった側面からタブレットを活用した学習も人気を博しており、都心を中心に多くの学校法人が導入しています。

これらデバイスによってもマッチする機能・ミスマッチな機能は異なるため、全体のサービス設計を勘案しながら機能を考えていくことが大切です。

教育アプリの開発を始める前に押さえておくべきこと

ここからは教育・学習アプリを開発する前に、押さえておくべきことを解説します。

大事なポイントは「目的設定」「ターゲットの明確化」「ユーザーニーズを加味したUI/UX」の3つです。項目毎に詳しく確認していきましょう。

アプリの目的を定める

第一に、アプリを作る目的を定めましょう。サービスの核としてどういったコンセプトのものにするかは、教育・学習アプリに限らず極めて重要な要素です。先ほどもご紹介したように、タイプの違いによって組み込む機能には大きく幅が出ます。

また、同じジャンル内のアプリの中で差別化を図ることも重要な要素です。

例えば録画形式の授業がメインで学習を支えるタイプと、問題を解いて難易度を徐々に上げていくタイプとでは、同じ学習型であっても開発時に使用するプログラム言語や、意識すべきUI/UXも異なります。学習という大きなカテゴリーの中で、どのような価値を提供するサービスにしたいか、明確にしておくといいでしょう。

アプリの目標を定める際は、学習内容・資格取得・学力向上・学習方法の4つの観点から検討すると、より実現したいイメージに合った教育・学習アプリが完成するでしょう。

アプリのターゲットを明確に決める

開発する目的を明確に定めたら、続いてはアプリのターゲットを決めましょう。

学習アプリは多く存在するものの、学習内容によってアプリのターゲット層は子どもから大人までさまざまです。あらかじめターゲット層を正しく定めないと、全くニーズに合致しないものになってしまったり、使い心地が悪くなってしまったりすることもあるでしょう。

また、年齢層だけでなく、学習に対してどのようなニーズを持っているか、どんなライフスタイルでアプリを活用するかなど、より踏み込んだ形で明確なペルソナを設定することも大切です。これは後述のUI/UX設計にも活かすことができます。

ターゲットに合わせたUI/UXづくりを行う

次に、定めたターゲット層に合わせたUI/UX設計を行います。教育・学習アプリのどういった機能に良い使い心地を感じるかも年齢やユーザーによってさまざまです。アクセシビリティはもちろん、そのターゲットの意欲を向上させるためにはどのような設計にすべきか、よく考えてみましょう。

例えば、ビジネス用語や資格の勉強をしたい社会人向けのアプリでは、シンプルで実用的なデザインが好まれるでしょう。一方で、子ども向けの教育アプリの場合では、子どもが学習に飽きてしまわないように、色彩が豊かで動きのあるデザインの方が好まれるかもしれません。

また、未就学児など小さいお子さんが1人で操作するサービスを想定する場合、極力文字を少なくし、イラストやアニメーションで誘導するなどして、直感的に楽しめるような設計の方が良いでしょう。

さらに、どのような学習アプリであっても、ターゲットが学習に躓いてしまう可能性を常に考慮しなくてはいけません。そのため、学習を支えるメンターと連絡をとれるプラットフォームを設けたり、学習単元ごとにFAQを設定したりすることで、より快適に学習が進められるでしょう。

このように、ターゲット層の視点に立った設計・デザイン・機能開発を行うことが大切です。

教育アプリ開発の相場は?

続いて、教育・学習アプリ開発の一般的な費用相場について解説します。

一般的に、そのアプリにどのような機能を搭載するかによって価格は変動し、特に音声や動画などの配信がある場合はコストが大きくなりがちです。

発生する費用の内訳は、主にデザイン・アプリの公開費用・エンジニアとプログラマーの稼働費用・アプリ内課金手数料・保守管理費用・OSアップデート対応費用などで、一般的には少なくとも200~300万円程度かかります。

エンジニアとプログラマーの稼働費用に関しては、完成までの日数によって大きく変動する可能性もあります。

教育アプリ開発の依頼先はどう選ぶ?

最後に、開発を外注する依頼先の選定方法をご紹介します。

過去の開発実績を要チェック

その会社の過去の開発実績は極めて重要であるため、必ずチェックしましょう。特にアプリ開発の分野は、その中で専門性が枝分かれしており、制作会社によって担当範囲が全く異なる場合があります。

開発実績をチェックする際には、技術・スピード・アイディア力などの観点から判断すると、失敗するリスクを低減することができます。

担当者から外注に値する実績を提示してもらうことも大切です。自社が開発したいサービスと近しい内容の開発実績、同業界での開発実績が豊富か否かなどを確認しておきましょう。

また開発実績を確認するときには、開発した時期も見ておくことも大切です。古い実績の場合、最新のトレンドにはあまり詳しくない可能性もあります。

必ず複数社へ見積もりを出そう

アプリ開発を外注する場合は必ず複数社に見積もりを出してもらいましょう。

複数社に見積もりをもらうことで、納期や抱えているエンジニアの質を比較できたり、その会社の規模に合ったコストを見出せたりします。

また、相場が定まっていないとはいえ、あまりにも多くの外注先から選定するとなると、個別案件の精査が難しくなってしまったり、断りの連絡を入れるのに余計な時間を費やしてしまったりするリスクがあります。そのため、3~4社に絞って検討すると良いでしょう。

まとめ

今回は教育・学習アプリの開発方法や費用相場を中心に、アプリの種類やターゲット別のUI/UXの重要性などを解説しました。社会生活に大きな変化が生じ、おうち時間が増えたことによって、ホームスクーリングを検討する家庭も徐々に増えはじめ、アプリだけでどこまで深い学習が可能なのかは、現在多くの人に注目されています。

さらには、声でアプリを一括操作できたり、録画授業の字幕だけでなく発音記号に至るまですべて可視化できたりといった、視覚障害や聴覚障害などのディスアドバンテージ持っている方も快適に学習できるような工夫が凝らされたアプリも増加傾向にあります。

これから教育・学習アプリを開発する方は、ぜひご紹介したポイントを参考にアプリ開発を進めてみてください。

\アプリ・Webサイト制作のご相談はこちら/ お問い合わせ