アプリ開発会社をお探しなら

株式会社Pentagonは上場企業からスタート
アップまで幅広くご支援しております。

資料ダウンロード

システム開発におけるリスク管理の重要性と対策方法を解説【2024年最新版】

システム開発におけるリスク管理の重要性と具体的な対策方法について解説します。開発中に起こりうるリスクを事前に把握し、適切な管理を行うためのポイントを詳しく紹介します。この記事では、発注側・受注側双方に役立つ情報をまとめています。

システム開発に潜むリスクとは

システム開発はビジネスにおいて重要な役割を果たしていますが、プロジェクトを進める上では様々なリスクが潜んでいます。これらのリスクを適切に管理することは、プロジェクトの成功にとって不可欠です。 システム開発に伴うリスクには、金銭的リスク、納期リスク、品質リスク、技術的リスク、組織的リスクなど、多岐にわたります。これらのリスクは、プロジェクトの規模や複雑さ、関係者の経験やスキル、コミュニケーションの質など、様々な要因によって引き起こされます。

リスクを放置することは、プロジェクトの進行や成果に大きな影響を与えかねません。例えば、リスクを適切に管理しないことで、開発コストが予算を大幅に超過したり、システムの品質が要求水準に満たない状態で納品されたりするおそれがあります。さらに、重大なリスクが顕在化した場合、プロジェクトが頓挫し、ビジネスに深刻な打撃を与える可能性もあります。 したがって、システム開発におけるリスク管理は、プロジェクトの成功と企業の競争力を維持するために欠かせない取り組みといえるでしょう。

代表的なリスク

代表的なリスクの種類

代表的なリスクの種類とその特徴は以下の通りです。

金銭的リスク

金銭的リスクは、開発費用が当初の見積もりを大幅に超えてしまうことを指します。要件定義の不備、スコープの変更、技術的な問題などが原因となり、コストが増大するリスクがあります。

納期リスク

システムの開発や納品が当初のスケジュール通りに進まないことを意味します。要件定義の遅れ、開発の遅延、テストや修正に想定以上の時間を要するなどの理由から、納期が遅れるリスクがあります。

品質リスク

品質リスクは、完成したシステムが要求された品質や機能を満たさないことを指します。要件定義の不十分さ、設計や実装の不備、テストの不徹底などが原因となり、品質が低下するリスクがあります。

技術的リスク

技術的リスクは、開発に必要な技術やスキルが不足していたり、新しい技術の採用に伴う問題が発生したりすることを意味します。開発チームのスキル不足、技術選定の失敗、互換性の問題などが、技術的リスクを引き起こす可能性があります。

組織的リスク

組織的リスクは、プロジェクトに関わる組織間のコミュニケーション不足や、責任の所在が明確でないことなどから生じます。ステークホルダー間の認識の相違、意思決定の遅れ、リソース不足などが、組織的リスクにつながる可能性があります。

これらのリスクは、個別に発生するだけでなく、相互に関連し合っています。例えば、要件定義の不備は、品質リスクや納期リスクを引き起こし、結果として金銭的リスクにつながる可能性があります。 したがって、システム開発のリスクを効果的に管理するには、これらのリスクを総合的に捉え、プロジェクトの全体像を考慮しながら、適切な対策を講じることが重要です。

リスク管理を適切に行うことで、問題の早期発見と対処が可能となり、プロジェクトの成功確率を高めることができます。また、リスクが顕在化した場合でも、その影響を最小限に抑えることができるでしょう。 システム開発に携わる組織は、リスク管理の重要性を認識し、プロジェクトの各段階でリスクを洗い出し、分析・評価・対応するプロセスを確立することが求められます。

システム開発におけるリスク管理の重要性

システム開発プロジェクトにおいて、リスク管理は非常に重要な役割を果たします。リスク管理とは、プロジェクトの目的達成を阻害する可能性のある事象を特定し、その影響を評価し、適切な対策を講じることで、リスクの発生を防ぐ、または発生した場合の影響を最小限に抑えることを指します。

リスク管理の必要性

リスク管理が必要な理由は、以下のようなことが挙げられます。

プロジェクトの成功確率を高める
リスクを適切に管理することで、プロジェクトの目的を達成できる可能性が高まります。リスクを早期に特定し、対策を講じることで、問題の発生を未然に防ぐことができます。

コストの超過を防ぐ
リスクが顕在化した場合、追加の作業や資源が必要となり、コストが増大する可能性があります。リスク管理を行うことで、コスト超過のリスクを最小限に抑えることができます。

納期の遅延を防ぐ
リスクへの対応に時間がかかると、プロジェクトの納期に影響を与える可能性があります。リスクを適切に管理することで、納期遅延のリスクを低減できます。

品質の低下を防ぐ
リスクが顕在化した場合、システムの品質が低下する可能性があります。リスク管理を行うことで、品質の低下を防ぎ、要求された品質を満たすシステムを提供できます。

ステークホルダーの信頼を得る
リスク管理を適切に行うことで、プロジェクトに関わるステークホルダーから信頼を得ることができます。これは、将来のプロジェクトにおいても良好な関係を築く上で重要です。

リスク管理を怠った場合のデメリット

一方、リスク管理を怠った場合、以下のようなデメリットが生じる可能性があります。

プロジェクトの失敗
リスクが顕在化し、適切な対応ができない場合、プロジェクトが失敗に終わる可能性があります。これは、組織の信頼を損ない、ビジネスに大きな影響を与えかねません。

コストの増大
リスクへの対応が遅れたり、適切でなかったりした場合、追加の作業や資源が必要となり、コストが大幅に増大する可能性があります。

納期の大幅な遅延
リスクへの対応が遅れると、プロジェクトの納期が大幅に遅延する可能性があります。これは、ビジネスの機会損失につながり、組織の信頼を損なう可能性があります。

品質の低下
リスクが顕在化した場合、システムの品質が大きく低下する可能性があります。これは、ユーザーの満足度を下げ、組織の評判を傷つける可能性があります。

ステークホルダーとの関係悪化
リスク管理を怠ることで、ステークホルダーとの関係が悪化する可能性があります。これは、将来のプロジェクトにおいても、協力を得ることが難しくなる可能性があります。

以上のように、リスク管理はシステム開発プロジェクトの成功に不可欠な取り組みです。リスクを適切に管理することで、プロジェクトの目的を達成し、コストや納期、品質などの面で優れた結果を得ることができます。 また、リスク管理を怠ることで、プロジェクトが失敗したり、ステークホルダーとの関係が悪化したりするなど、深刻な問題が生じる可能性があります。 したがって、システム開発に携わる組織は、リスク管理の重要性を認識し、プロジェクトの各段階でリスクを適切に管理することが求められます。

システム開発におけるリスク管理の進め方

システム開発プロジェクトにおけるリスク管理は、以下の手順で進めていくことが一般的です。

1. リスクの特定・分析・評価

2. リスク対応計画の立案

3. リスクコントロール・モニタリング

まず、リスクの特定・分析・評価の方法について説明します。リスクの特定では、プロジェクトの目的達成を阻害する可能性のある事象を洗い出します。これには、過去のプロジェクトの経験やチェックリストなどを活用することが有効です。特定されたリスクは、発生確率と影響度の2軸で分析・評価されます。発生確率は、リスクが実際に発生する可能性を示し、影響度は、リスクが発生した場合のプロジェクトへの影響の大きさを表します。この分析・評価の結果をもとに、リスクの優先順位付けを行います。

次に、リスク対応計画の立案について説明します。リスク対応計画では、特定されたリスクに対して、具体的な対応策を検討します。対応策には、リスクの回避、軽減、移転、受容などがあります。回避は、リスクが発生しないように事前に対策を講じることを指します。軽減は、リスクの発生確率や影響度を下げる取り組みを行うことを意味します。移転は、リスクの責任を他者に移すことを指し、保険の活用などがこれに当たります。受容は、リスクを受け入れ、発生した場合に対処することを意味します。これらの対応策を選択する際には、コストや効果、実現可能性などを考慮する必要があります。

最後に、リスクコントロール・モニタリングについて説明します。リスクコントロールは、リスク対応計画に基づいて、リスクへの対策を実行することを指します。これには、予防的なコントロールと発見的なコントロールがあります。予防的なコントロールは、リスクが発生しないように事前に対策を講じることを意味し、発見的なコントロールは、リスクが発生した場合に早期に発見し、対処することを指します。リスクモニタリングは、リスクの状況を継続的に監視し、必要に応じて対応策を見直すことを意味します。これには、定期的なレビューやリスク管理表の活用などが有効です。

以上が、システム開発におけるリスク管理の進め方の概要です。具体的には、以下のようなステップで進めていくことが求められます。

  1. プロジェクトの目的や範囲、関係者などを明確にする
  2. 過去のプロジェクトの経験やチェックリストを活用し、リスクを特定する
  3. 特定されたリスクを発生確率と影響度の2軸で分析・評価し、優先順位付けを行う
  4. リスクに対する具体的な対応策を検討し、リスク対応計画を立案する
  5. リスク対応計画に基づいて、予防的なコントロールと発見的なコントロールを実行する
  6. リスクの状況を継続的に監視し、必要に応じて対応策を見直す

これらのステップを着実に実行することで、システム開発プロジェクトにおけるリスクを適切に管理し、プロジェクトの成功確率を高めることができます。

ただし、リスク管理は一度きりの取り組みではなく、プロジェクトの全体を通して継続的に行う必要があります。また、リスク管理には、関係者間のコミュニケーションと協力が不可欠です。

システム開発に携わる組織は、リスク管理の重要性を認識し、適切な体制とプロセスを整備することが求められます。

リスク管理の具体的な対策方法

受発注間の綿密なコミュニケーション

リスク管理において、受発注間のコミュニケーションは非常に重要です。プロジェクトの目的や要件、スケジュール、予算などについて、受発注双方が共通の理解を持つことが求められます。定期的な会議や報告会を設け、プロジェクトの状況や懸念事項について、オープンに議論することが重要です。受発注間で認識の齟齬が生じると、リスクが顕在化する可能性が高まります。したがって、プロジェクトの各段階で、担当者同士が密にコミュニケーションを取ることが不可欠です。

要件定義・見積もりの精度向上

要件定義と見積もりは、プロジェクトの成否を左右する重要な工程です。曖昧な要件定義や不適切な見積もりは、大きなリスク要因となります。要件定義では、システムに求められる機能や性能、制約条件などを明確にし、ステークホルダー間で合意形成を図ることが重要です。

見積もりでは、要件定義に基づいて、作業量や必要リソースを適切に見積もることが求められます。過去のプロジェクトのデータを活用したり、複数の見積もり手法を用いたりすることで、見積もりの精度を高めることができます。

システム検証の徹底

システム検証は、開発されたシステムが要件を満たしているか、品質が確保されているかを確認するための重要な工程です。検証が不十分だと、重大な不具合が見落とされ、リスクが顕在化する可能性があります。したがって、検証計画を綿密に策定し、十分な時間と予算を確保することが重要です。単体テスト、結合テスト、システムテストなどを段階的に実施し、発見された不具合は速やかに修正することが求められます。また、ユーザー受け入れテストを実施し、エンドユーザーの視点で検証することも重要です。

スケジュール・予算への余裕

システム開発プロジェクトでは、スケジュールや予算が厳しく制約されることが多くあります。しかし、余裕のないスケジュールや予算は、大きなリスク要因となります。したがって、スケジュールや予算にバッファを設け、リスク対応のための時間と費用を確保することが重要です。具体的には、全体のスケジュールに10〜20%程度の余裕を持たせたり、予備の予算を確保したりすることが考えられます。これにより、リスクが顕在化した場合でも、柔軟に対応することができます。

適切な開発会社選定

システム開発を外部に委託する場合、開発会社の選定は非常に重要です。開発会社の技術力や実績、リスク管理能力などを総合的に評価し、最適なパートナーを選ぶことが求められます。また、開発会社との契約においては、リスク分担やコミュニケーション方法などを明確にすることが重要です。開発会社との信頼関係を構築し、協力してリスク管理に取り組むことが、プロジェクトの成功につながります。

以上のような対策を講じることで、システム開発におけるリスクを効果的に管理することができます。ただし、これらの対策は一朝一夕で実現できるものではありません。組織として、リスク管理の重要性を認識し、継続的に取り組むことが求められます。 

また、プロジェクトの特性に応じて、さまざまな対策を組み合わせることも重要です。定期的にリスク管理の状況をレビューし、必要に応じて対策を見直すことが、継続的なリスク管理の点で欠かせません。 システム開発におけるリスク管理は、多くの関係者の協力なくしては成り立ちません。

プロジェクトメンバー全員がリスク管理の重要性を理解し、一丸となって取り組むことが求められます。そのためには、リスク管理に関する教育や啓発活動を行うことも有効です。

リスク管理は、システム開発プロジェクトの成功に向けた重要な取り組みです。適切な対策を講じることで、リスクの発生を未然に防ぎ、万が一リスクが顕在化した場合でも、その影響を最小限に抑えることができます。システム開発に携わる組織は、リスク管理の重要性を認識し、具体的な対策を講じることが求められます。

システム開発のリスク管理テクニック

システム開発プロジェクトにおけるリスク管理を効果的に行うためには、適切なツールやテクニックを活用することが重要です。以下では、リスク管理に役立つ代表的なツールとテクニックについて説明します。

リスク管理表の活用方法

リスク管理表は、プロジェクトのリスクを一覧で管理するための表です。リスクの内容、発生確率、影響度、対応策などを記載し、リスクの状況を可視化します。リスク管理表を作成することで、プロジェクトメンバー間でリスクに関する情報を共有し、リスク対応の優先順位を明確にすることができます。また、定期的にリスク管理表をレビューし、新たなリスクの追加や対応策の見直しを行うことが重要です。リスク管理表は、プロジェクト管理ツールと連携させることで、さらに効果的に活用できます。

プロジェクト管理ツールの導入

プロジェクト管理ツールは、タスクの管理、スケジュールの管理、コミュニケーションの円滑化などに役立つソフトウェアです。代表的なツールとしては、Trello、Asana、Jiraなどがあります。これらのツールを活用することで、プロジェクトの進捗状況を可視化し、リスクの早期発見につなげることができます。また、タスクやスケジュールに関する情報を一元管理できるため、プロジェクトメンバー間の情報共有が容易になります。プロジェクト管理ツールは、リスク管理表と連携させることで、リスク管理をより効率的に行うことができます。

開発手法の特徴理解(ウォーターフォール、アジャイルなど)

システム開発プロジェクトでは、開発手法の選択がリスク管理に大きな影響を与えます。代表的な開発手法としては、ウォーターフォールとアジャイルがあります。ウォーターフォールは、要件定義、設計、実装、テストなどの工程を順番に進める手法です。各工程が明確に分かれているため、進捗管理がしやすい反面、柔軟性に欠けるというデメリットがあります。

一方、アジャイルは、短い周期で開発とテストを繰り返し、フィードバックを得ながら開発を進める手法です。柔軟性が高く、変化に対応しやすいという利点がある反面、全体像が見えにくいというデメリットがあります。プロジェクトの特性に応じて、適切な開発手法を選択することが重要です。また、選択した開発手法の特徴を理解し、リスク管理にどのような影響を与えるかを見極めることが求められます。

以上のようなツールやテクニックを活用することで、システム開発におけるリスク管理を効果的に行うことができます。ただし、ツールやテクニックはあくまでも手段であり、目的ではありません。プロジェクトメンバー一人ひとりがリスク管理の重要性を理解し、主体的に取り組むことが何より重要です。 

また、ツールやテクニックの導入には、一定のコストや学習期間が必要となります。導入による効果とコストを見極め、プロジェクトに適したものを選ぶことが求められます。 リスク管理に役立つツールやテクニックは、日々進化しています。新しいツールやテクニックに関する情報を収集し、プロジェクトに取り入れていくことも重要です。リスク管理は、継続的な改善活動として取り組むべき課題といえます。

【まとめ】リスク管理のポイントと継続的改善の重要性

本記事では、システム開発プロジェクトにおけるリスク管理について、その重要性や具体的な進め方、対策方法などを解説してきました。 リスク管理は、プロジェクトの目的達成を阻害する可能性のある事象を特定し、その影響を最小限に抑えるための取り組みです。リスクを適切に管理することで、プロジェクトの成功確率を高め、コストや納期、品質などの面で優れた結果を得ることができます。 一方で、リスク管理を怠ると、プロジェクトが頓挫したり、ステークホルダーとの関係が悪化したりするなど、深刻な問題が生じる可能性があります。

システム開発プロジェクトは、多くのステークホルダーが関わる複雑な取り組みです。その中で、リスク管理は、プロジェクトの成功に向けた重要な鍵を握っています。本記事で解説したポイントを押さえ、継続的にリスク管理を改善していくことで、システム開発の成功確率を高めることができるでしょう。 リスク管理は、一朝一夕で完璧にできるものではありません。試行錯誤を繰り返しながら、組織としてのリスク管理能力を高めていくことが重要です。本記事がその一助となれば幸いです。

\スマホアプリ制作のご相談はこちら/ お問い合わせ