アプリ開発会社をお探しなら

株式会社Pentagonは上場企業からスタート
アップまで幅広くご支援しております。

資料ダウンロード

システム開発のスケジュールを理解して円滑に開発を進めよう

システム開発を成功させるためには、適切なスケジュール管理が欠かせません。プロジェクトの目標を達成するために、各工程に必要な作業内容や担当者、期間などを具体的に定義し、全体のスケジュールを立てることが重要です。本記事では、システム開発のスケジュールを理解し、円滑に開発を進めるためのポイントを解説します。

システム開発スケジュールの全体像

システム開発のスケジュールは、一般的に以下のような流れで進みます。

  1. 要件定義
  2. 設計(基本設計・詳細設計)
  3. 開発・単体テスト
  4. 結合テスト・システムテスト
  5. リリース・運用

システム開発を成功させるためには、適切なスケジュール管理が欠かせません。プロジェクトの目標を達成するために、各工程に必要な作業内容や担当者、期間などを具体的に定義し、全体のスケジュールを立てることが重要です。本記事では、システム開発のスケジュールを理解し、円滑に開発を進めるためのポイントを解説します。

要件定義と見積もり 

システム開発の最初のステップは、クライアントの要望をもとに要件を明確化し、開発の範囲と目標を決めることです。これを要件定義と呼びます。要件定義書を作成し、実現すべき機能や性能、導入環境などを具体的に記述します。次に、要件をもとに開発に必要な工数や費用、人員を見積もります。過去の実績や類似プロジェクトの情報を参考に現実的 な見積もりを行うことが大切です。

開発手法を選択

プロジェクトの規模や複雑さに応じて、適切な開発手法を選択します。大きなプロジェクトであれば、ウォーターフォールモデルやアジャイル開発など、体系的な手法を採用することをおすすめします。一方、小規模なプロジェクトでは、シンプルな手法でも十分な場合があります。

開発チームの編成

開発チームの編成も重要なポイントです。プロジェクトリーダーを中心に、必要なスキルを持ったエンジニアを集め、役割分担を明確にします。経験豊富なベテランと、新しい技術に強い若手をバランスよく配置することで、効率的な開発が可能になります。

開発環境の選定

開発環境の選定も慎重に行いましょう。クラウドサービスの利用やWebアプリケーションフレームワークの採用など、最新のIT技術を活用することで、開発の効率化とコスト削減を図ることができます。ただし、新しい技術の導入には、十分な検討と準備が必要です。

開発スケジュールの作成

要件定義と見積もりが完了したら、開発スケジュールを作成します。プロジェクトをマイルストーンに分割し、各マイルストーンごとに達成目標と期限を設定します。担当者とタスクを明確にし、作業の依存関係や順序を考慮してスケジュールを組みます。複数の担当者が関わる場合は、作業の漏れや重複がないよう注意が必要です。スケジュール表はExcelやプロジェクト管理ツールを使って作成し、関係者間で共有しましょう。

システム開発では、プロジェクトがオンタイムで進んでいても安心できません。開発の終盤になって多くのバグが発見されることは珍しくありません。そのため、スケジュールよりも前倒しするスピード感で開発を進めることが重要です。バグ修正の時間を十分に確保し、品質を維持しながらプロジェクトを完了させることが求められます。

進捗管理とコミュニケーション

開発がスタートしたら、定期的に進捗状況を確認し、スケジュールどおりに作業が進んでいるかチェックします。遅延や問題が発生した場合は、速やかに原因を究明し、対策を講じます。

プログラミングの際は、コーディング規約を設けて、チーム内で統一性を保つことも大切です。コードの可読性や保守性を高めることで、将来的な変更や改善にも対応しやすくなります。

クライアントや社内の関係者には、定期的に進捗報告を行い、変更や追加の要望があれば柔軟に対応します。円滑なコミュニケーションを維持することで、開発を順調に進めることができます。

テストと品質管理

開発の終盤では、テストと品質管理に十分な時間を確保する必要があります。単体テスト、結合テスト、システムテストなどを計画的に実施し、バグや不具合を洗い出します。必要に応じて修正や改善を行い、システムの品質を向上させます。納品前には、ユーザー受け入れテストを実施し、クライアントの要求を満たしているか確認します。

導入と保守

システムの開発が完了したら、クライアントの環境へ導入します。データ移行やユーザートレーニングなども、スケジュールに組み込んでおく必要があります。導入後は、一定期間の保守サポートを提供し、システムの安定稼働を支援します。

以上のように、システム開発のスケジュールを適切に管理することで、プロジェクトを成功に導くことができます。要件定義、見積もり、スケジュール作成、進捗管理、品質管理などの各工程を着実に進め、関係者とのコミュニケーションを密にとることが重要です。状況の変化に柔軟に対応しながら、円滑な開発を目指しましょう。

スケジュールを左右する要素 

システム開発のスケジュールには、以下のような要素が影響します。

  • 開発する機能の数と複雑さ
  • 要件定義の精度
  • 開発チームのスキルと人数
  • 外部システムとの連携の有無
  • 納期の厳しさ

これらの要素を適切に把握・管理しないと、スケジュールの遅延や品質の低下を招くリスクがあります。

システム開発のスケジュールの立て方

システム開発のスケジュール作成には、WBS(Work Breakdown Structure)とガントチャートが広く使われています。

WBSの作成方法

  1. プロジェクトのゴールとなる成果物を明確にする
  2. 成果物を生み出すために必要な作業を全て洗い出す
  3. 作業を構造化する(プロジェクトの流れに沿って作業をグループ化)
  4. 各作業の担当者と期間の目安を設定する

ガントチャートの作成方法

  1. WBSで洗い出した作業項目を横軸に並べる
  2. 各作業の開始日と終了日を横棒で表す
  3. 作業間の依存関係を矢印で結ぶ
  4. クリティカルパス(プロジェクト遂行に必要不可欠な作業の流れ)を色分けする

これらのツールを使うことで、プロジェクトの全体像が可視化され、メンバー間の認識齟齬を防げます。

スケジュール管理の重要性とポイント

綿密なスケジュールを立てたら、あとはそれに沿って管理・進行することが重要です。進捗管理のポイントは以下の通りです。

・定期的に進捗状況を確認する ・遅延が発生した場合は早めに対策を打つ ・タスクの優先順位をつけ、重要度の高いものから着手する ・メンバーの作業量が偏らないように調整する

また、スケジュール管理によって、リスクの早期発見やリカバリー策の構築にもつながります。単にスケジュール通りに進めるだけでなく、プロジェクトの「見える化」を行うことが管理のカギを握ります。

業務に合わせた計画立案の重要性

システム開発を進める際には、企業の業務に合わせた計画の立案が重要です。要件定義の段階でしっかりとニーズを洗い出し、それに基づいてスケジュールを組むことが成功への鍵を握ります。

開発手法の特徴を理解する

開発手法の特徴を理解することも大切です。

ウォーターフォール型は工程ごとに完了条件を設けて進めるため、全体の流れが追いやすいというメリットがあります。一方、アジャイル型は短いサイクルで開発とテストを繰り返すため、柔軟な変更対応が可能です。

プロジェクトの性質に合わせて適切な手法を選択しましょう。

「クリティカルパス」を意識した進捗管理

 スケジュール管理で覚えておきたいのが、「クリティカルパス」という考え方です。これは、プロジェクトの完了に直結するタスクの流れのことを指します。クリティカルパス上のタスクに遅れが出ると、プロジェクト全体のスケジュールに大きな影響を与えます。そのため、クリティカルパス上のタスクの進捗状況は常に意識する必要があります。

管理ツールの有効活用 

また、管理ツールの活用も効果的です。プロジェクト管理ツールを使えば、メンバーのタスクの進捗やコミュニケーションをリアルタイムに把握できます。ガントチャートツールを使えば、スケジュールの全体像を視覚的に捉えられます。これらのツールを上手く使いこなすことで、管理の手間を省きつつプロジェクトの「見える化」が実現できるでしょう。

スケジュール管理に役立つツール紹介

スケジュール管理の効率化には、以下のようなツールの利用がおすすめです。

・プロジェクト管理ツール(Redmine、Trelloなど)
・ガントチャートツール(GanttPro、TeamGanttなど)
・コミュニケーションツール(Slack、Chatworkなど)

利用目的に合わせて、使いやすいツールを選定しましょう。ツールを使いこなすことで、管理工数の削減やメンバーとのコミュニケーション円滑化が期待できます。

トラブル発生時の対処方法

トラブル発生時の対処方法を予め決めておくのもおすすめです。リスク管理表を作成し、起こりうる問題とその対策を洗い出しておきましょう。問題が発生した際にも、冷静かつスピーディーに対応できる体制を整えておくことが重要です。

チーム全体でのスケジュール管理

スケジュール管理はプロジェクトマネージャーだけの仕事ではありません。メンバー一人ひとりが自身のタスクを適切に管理し、状況をチームで共有することが求められます。お互いに協力し合いながら、プロジェクトを円滑に進めていきましょう。

わからない点があれば、システム開発会社に相談してみてください。多くの会社が無料でコンサルティングサービスを実施しています。専門家の知見を参考にしながら、自社に合ったスケジュール管理方法を見つけていきましょう。

システム開発を依頼する際のポイント

システム開発を依頼する際は、クライアントが具体的な要件を示すことが重要です。要件定義書には、実現すべき機能や画面遷移、利用するデータなどを詳細に記述します。内部設計書のようなIT用語は避け、一般の人にも理解しやすい言葉で説明することが求められます。

次に、開発会社の選定が大きな課題となります。多くの会社の中から最適なパートナーを見つけるには、予算やスケジュール、技術力などを総合的に判断する必要があります。実績のある会社を選ぶのも一つの方法ですが、新しいアイデアを持つベンチャー企業に注目するのもよいでしょう。

見積もりを依頼する際は、できるだけ具体的な情報を提供することが重要です。プロジェクトの規模感や期待する成果物、納期などを明確にすることで、正確な見積もりを得ることができます。また、見積もりの内訳を確認し、コストの内容を把握しておくことも大切です。

開発がスタートしたら、定期的に進捗確認を行います。マイルストーンごとに達成状況を確認し、問題があれば早めに解決策を探ります。クライアントと開発会社の間で密なコミュニケーションを取ることで、プロジェクトを円滑に進めることができます。

システムの納品後は、運用フェーズに入ります。ユーザーからのフィードバックを収集し、改善点を見つけていくことが重要です。定期的なメンテナンスを行い、システムの安定稼働を維持することも欠かせません。

以上のように、システム開発のプロセスには様々な段階があり、それぞれで注意すべきポイントがあります。要件定義、見積もり、開発、運用のサイクルを適切に管理することで、プロジェクトを成功に導くことができるでしょう。

\スマホアプリ制作のご相談はこちら/ お問い合わせ