アプリ開発会社をお探しなら

株式会社Pentagonは上場企業からスタート
アップまで幅広くご支援しております。

資料ダウンロード

システム開発の⼿法を徹底解説!選び⽅のポイントとおすすめの開発モデル

システム開発の⼿法を理解し、プロジェクトに適した開発⽅法を選択することは⾮常に重要です。システム開発の⼿法は、ソフトウェアを効率的に開発するための様々なアプローチであり、プロジェクトの規模や要件、チームの体制などに応じて適切な⼿法を選ぶ必要があります。

適切な開発⼿法を選択することで、開発コストの削減、品質の向上、納期の厳守など、多くのメリットを得ることができます。⼀⽅で、プロジェクトに合わない⼿法を選択してしまうと、無駄な労⼒とコストがかかってしまい、最悪の場合はプロジェクトの失敗に繋がりかねません。

本記事では、代表的なシステム開発の⼿法を紹介し、それぞれの特徴やメリット・デメリットを解説します。また、近年のシステム開発⼿法のトレンドや、⼿法選択の際のポイントについても触れていきます。これを読めば、システム開発⼿法についての理解が深まり、⾃社のプロジェクトに最適な⼿法を選択できるようになるでしょう。

システム開発の基本的な流れと全体像

システム開発は、⼀般的に以下のような流れで進められます。

  1. 要件定義

顧客や利⽤者のニーズを把握し、開発するシステムの要件をまとめます。

機能要件、⾮機能要件、制約事項などを明確にします。

  1. 設計

要件定義をもとに、システムの全体像を設計します。

機能設計、データ設計、インターフェース設計などを⾏います。

  1. 開発(プログラミング)

設計書をもとに、プログラムのコーディングを⾏います。

モジュール単位で開発を進めることが⼀般的です。

  1. テスト

開発したプログラムが要件通りに動作するかをテストします。

単体テスト、結合テスト、システムテストなどを実施します。

  1. リリース

テストが完了したら、システムを本番環境へリリースします。

データ移⾏、ユーザートレーニングなども合わせて⾏います。

  1. 運⽤・保守

リリース後も継続的にシステムの運⽤と保守を⾏います。

障害対応や、システムの改善・更新なども含まれます。

これらの⼯程をどのように進めていくかは、選択する開発⼿法によって異なります。

代表的なシステム開発⼿法4選 

システム開発の代表的な⼿法には、ウォーターフォール型、アジャイル型、プロトタイプ型、スパイラル型などがあります。それぞれの特徴やメリット・デメリットを理解し、プロジェクトに適した⼿法を選択することが重要です。

ウォーターフォール型開発

ウォーターフォール型開発は、従来から広く使われている開発⼿法です。要件定義、設計、開発、テスト、リリースという各⼯程を順番に進めていきます。

特徴

  • 各⼯程を順番に進めるため、⼯程間の依存関係が明確です。
  • 各⼯程の成果物(ドキュメント)を重視します。
  • 全体のスケジュールや予算を管理しやすい⼿法です。

メリット

  • プロジェクトの全体像が明確で、進捗管理がしやすい。
  • ドキュメントが充実しているため、メンバーの変更があっても引き継ぎがスムーズ。
  • 品質の⾼いシステムを開発できる。

デメリット

  • 上流⼯程で決めた要件や設計を、後から変更しにくい。
  • 各⼯程を順番に進めるため、全体の開発期間が⻑くなりがち。
  • リリースまでに動くものが⾒えないため、問題の発⾒が遅れる可能性がある。

向いているプロジェクト

  • 要件があらかじめ明確で、途中で⼤きく変更される可能性が低いプロジェクト。
  • 品質を重視し、開発期間が⻑くても問題ないプロジェクト。
  • 安全性や信頼性が求められる⼤規模システム開発に適しています。

アジャイル型開発

アジャイル型開発は、スピードと柔軟性を重視した開発⼿法です。開発とテストを繰り返しながら、少しずつシステムを完成させていきます。

特徴

  • 短いイテレーション(繰り返し)で開発を進めます。
  • 顧客との対話を重視し、フィードバックを受けながら開発します。
  • チームのコミュニケーションとコラボレーションを⼤切にします。

メリット

  • 早い段階から動くものが⾒えるため、問題の発⾒と修正が速い。
  • 要件変更に柔軟に対応でき、顧客のニーズに合ったシステムを開発できる。
  • チームのモチベーションが⾼く、⽣産性が上がる傾向にある。

デメリット

  • ドキュメントが軽視されがちで、メンテナンス性が低下する可能性がある。
  • 短期的な計画を重視するため、⻑期的な設計が疎かになりがち。
  • スキルの⾼いメンバーが求められ、チームビルディングが難しい。

向いているプロジェクト

  • 要件が明確でない、または頻繁に変更されるプロジェクト。
  • 早期のリリースと継続的な改善が求められるプロジェクト。
  • Webサービスやモバイルアプリなど、ユーザーの反応を⾒ながら開発したいプロジェクトに適しています。

プロトタイプ型開発

プロトタイプ型開発は、早い段階でシステムの試作品(プロトタイプ)を作成し、それをもとに要件を確認しながら開発を進める⼿法です。

特徴

  • 要件定義の段階で、プロトタイプを作成して要件を具体化します。
  • プロトタイプを使って、ユーザーの反応を確認しながら開発を進めます。
  • 試⾏錯誤を繰り返すことで、ユーザーが求めるシステムを作り上げていきます。

メリット

  • ユーザーの要求を早い段階で可視化でき、要件の確認がしやすい。
  • ユーザーの反応を⾒ながら開発できるため、満⾜度の⾼いシステムを作れる。
  • 要件の変更にも柔軟に対応できる。

デメリット

  • プロトタイプ作成の⼯数がかかり、全体の開発コストが⾼くなる傾向がある。
  • プロトタイプに固執しすぎると、本質的な課題の解決が疎かになる可能性がある。
  • プロトタイプの完成度を⾼くしすぎると、かえって開発効率が下がることがある。

向いているプロジェクト

  • 要件が明確でない、または固まっていないプロジェクト。
  • ユーザーの反応を⾒ながら、UIやUXを改善していきたいプロジェクト。
  • 新しい概念のシステムや、革新的なアイデアを実現するプロジェクトに適しています。

スパイラル型開発

スパイラル型開発は、リスク分析を重視した開発⼿法です。計画、開発、評価、改善のサイクルを繰り返し、段階的にシステムを完成させていきます。

特徴

  • 各サイクルの初めに、リスク分析を⾏います。
  • リスクの⾼い部分から優先的に開発し、リスクを早期に排除します。
  • 計画、開発、評価、改善のサイクルを繰り返し、システムを洗練させていきます。

メリット

  • リスクを早期に発⾒し、対策を打つことができる。
  • 段階的に開発を進めるため、⼤規模なプロジェクトでも管理がしやすい。
  • 評価と改善を繰り返すことで、品質の⾼いシステムを作れる。

デメリット

  • リスク分析や評価の⼯数がかかるため、開発コストが⾼くなる傾向がある。
  • サイクルを重ねるごとに、ドキュメントの量が増えていく。
  • 開発サイクルが⻑くなると、変化に対応しづらくなる可能性がある。

向いているプロジェクト

  • ⼤規模で複雑なプロジェクト。
  • ミッションクリティカルなシステムなど、リスク管理が重要なプロジェクト。
  • 新技術を使ったプロジェクトなど、不確実性の⾼いプロジェクトに適しています。

システム開発⼿法の選び⽅のポイント

プロジェクトに適したシステム開発⼿法を選ぶためには、以下のようなポイントを考慮する必要があります。

システムとの相性を考える

  • 開発するシステムの特性(規模、複雑性、要件の明確さなど)を考慮し、適した⼿法を選びます。
  • 安全性や信頼性が重視されるシステムには、ウォーターフォール型や、DevSecOpsが適しています。
  • 変化の速いビジネス環境向けのシステムには、アジャイル型やDevOpsが適しています。

⼿法ごとに発注側の対応も異なる

  • ウォーターフォール型では、発注側は要件定義の段階で積極的に関与する必要があります。
  • アジャイル型では、発注側は開発チームとの密なコミュニケーションが求められます。
  • プロトタイプ型では、発注側はプロトタイプに対して率直なフィードバックを提供する必要があります。

補足:DevOpsとは?

DevOpsは、Development(開発)とOperations(運⽤)を組み合わせた造語で、開発チームと運⽤チームが協⼒してシステムの価値を最⼤化することを⽬指すことを指します。

目標は、ソフトウェアのリリースサイクルを迅速かつ信頼性の高いものにすることです。DevOpsのアプローチでは、開発者と運用担当者が協力し、プロセス全体の自動化と監視を強化します。

主要な要素

  1. 継続的インテグレーション(CI):コードの変更を頻繁に統合し、自動テストを実行するプロセスです。これにより、エラーの早期検出と修正が可能になります。
  2. 継続的デリバリー(CD):ソフトウェアの変更が自動的にテストされ、本番環境にデプロイされるプロセスです。リリースの迅速化と安定性が向上します。
  3. インフラストラクチャー・アズ・コード(IaC):インフラをコードで定義し、管理・自動化する手法です。これにより、一貫性と再現性が確保されます。

メリット

  • 迅速なリリースサイクル:新機能や修正を迅速に提供できるため、ビジネスの競争力が向上します。
  • 品質向上:自動テストと監視により、バグや障害の早期検出と対処が可能になります。
  • 効率性の向上:プロセスの自動化により、人手による作業が削減され、エラーのリスクが減少します。

文化的側面

DevOpsは単なる技術的なアプローチではなく、組織文化の変革を伴います。開発者と運用担当者の間のコラボレーションを促進し、共通の目標に向かって協力する文化を育成することが重要です。

まとめ:プロジェクトに適した開発⼿法を選ぼう

システム開発⼿法には、ウォーターフォール型、アジャイル型、プロトタイプ型、スパイラル型、様々な選択肢があります。それぞれの⼿法には⻑所と短所があるため、プロジェクトの特性や要求に合わせて、適切な⼿法を選ぶことが重要です。

また、⼿法の選択だけでなく、発注側としての関わり⽅も⼿法ごとに異なります。開発チームとの良好なコミュニケーションを維持しながら、プロジェクトを成功に導くことが求められます。

システム開発⼿法について理解を深め、プロジェクトに最適な⼿法を選択することで、効率的で質の⾼い開発を実現しましょう。

\スマホアプリ制作のご相談はこちら/ お問い合わせ