アプリ開発会社をお探しなら

株式会社Pentagonは上場企業からスタート
アップまで幅広くご支援しております。

資料ダウンロード

システム開発における品質管理の重要性とポイントを徹底解説【2024年最新版】

近年、ビジネスにおけるITシステムの重要性が高まる中、システム開発プロジェクトの成否を左右する重要な要素の一つが「品質管理」です。品質管理を適切に行うことで、高品質なシステムを効率的に開発し、ユーザーの満足度を高めることができます。反対に、品質管理が不十分だと、バグや不具合が多発し、開発コストや納期に悪影響を及ぼすリスクがあります。

このように、システム開発における品質管理は、プロジェクトの成功に欠かせない重要な活動なのです。本記事では、システム開発における品質管理の基本概念から、具体的な手法、成功のポイントまでを詳しく解説します。

システム開発における品質管理とは

システム開発における品質管理とは

品質管理とは、製品やサービスの品質を一定の基準に保つための活動のことを指します。システム開発の文脈では、開発プロセス全体を通して、品質を作り込み、検証し、改善していく一連の活動を指します。

品質管理の主な目的は以下の4つです。

  1. システムの品質を高め、ユーザー満足度を向上させること
  2. 運用後のトラブルを未然に防ぎ、メンテナンスコストを削減すること
  3. 手戻りや無駄な工数を削減し、納期遅延のリスクを減らすこと
  4. 品質の作り込みと早期の品質検証により、開発効率を高めること

つまり、品質管理は、高品質なシステムを効率的に開発するために欠かせない活動なのです。

品質管理と品質保証の違い

ここで、「品質管理」と似た言葉で「品質保証」というものがあります。両者は密接に関連していますが、明確な違いがあります。

  • 品質管理(QC:Quality Control):品質を一定の基準に保つ技術的な活動。不具合の発見と修正、プロセスの改善などが含まれます。
  • 品質保証(QA:Quality Assurance):品質管理を含む、品質に関する全ての活動を指します。品質方針の策定、標準の整備、教育、監査なども含みます。

つまり、品質管理は品質保証の一部であり、品質保証は管理的な視点から品質の維持・向上を目指す活動だと言えます。

以上のように、システム開発における品質管理は、高品質で使いやすいシステムを効率的に開発し、ビジネス価値を高めるための重要な取り組みです。次章以降で、品質管理のプロセスや具体的な手法について詳しく見ていきましょう。

システム開発の品質管理プロセス

システム開発の品質管理は、プロジェクト全体を通して継続的に行われるプロセスです。このプロセスは、大きく分けて「計画」「実行」「評価」「改善」の4つのフェーズで構成されています。

計画フェーズ

計画フェーズでは、プロジェクトの品質目標を明確にし、それを達成するための品質管理計画を策定します。具体的には、品質基準の設定、レビューやテストの計画、品質管理ツールの選定などが行われます。この段階で、プロジェクトの規模や特性に応じた適切な品質管理プロセスを設計することが重要です。

実行フェーズ 

実行フェーズは、品質管理計画に基づいて、実際の開発プロセスの中で品質管理活動を実施する段階です。要件定義、設計、実装、テストなど、各工程で品質を作り込み、検証していきます。

評価フェーズ

 評価フェーズでは、実行フェーズで得られた品質データを分析し、品質目標の達成状況を評価します。レビューやテストの結果、バグ密度、工数の進捗などの指標を用いて、客観的に品質を測定します。評価結果は、プロジェクトの進捗管理や問題の早期発見に活用されます。

改善フェーズ

改善フェーズは、評価で明らかになった品質上の問題を改善し、プロセスを最適化する段階です。不具合の根本原因を分析し、再発防止策を講じます。また、優れた事例やノウハウを横展開し、品質管理プロセス自体の継続的な改善を図ります。

各工程における品質管理のポイント

次に、システム開発の各工程における品質管理のポイントを見ていきましょう。

要件定義

要件定義は、システムに求められる機能や性能、制約条件などを明確にする工程です。品質管理の観点からは、要件の漏れや曖昧さ、矛盾がないかをチェックすることが重要です。要件のレビューを徹底し、ステークホルダー間の合意形成を図ることが欠かせません。

設計

設計工程では、要件定義の内容を基に、システムの構造や振る舞いを具体化します。品質管理では、設計の網羅性や一貫性、実現可能性などを検証します。設計レビューを通じて、ミスや漏れを早期に発見し、手戻りを防ぎます。

実装

実装は、設計に基づいてプログラムコードを書く工程です。品質管理の焦点は、コードの正しさ、効率性、保守性などです。コーディング規約の遵守、単体テストの実施、コードレビューなどを通じて、バグの作り込みを防ぎます。

テスト

テスト工程では、システムの動作を検証し、不具合を検出します。品質管理の観点からは、テストの網羅性と効率性が重要です。単体テスト、結合テスト、システムテストなど、各レベルで適切なテストを実施し、バグを早期に発見・修正します。

リリース

リリースは、開発したシステムを実際の運用環境に展開する工程です。品質管理では、リリース判定基準を明確にし、リリース可否を慎重に判断します。またリリース後の運用品質を確保するため、ユーザートレーニングやドキュメント整備なども重視します。

以上のように、システム開発の品質管理は、要件定義から保守に至るまでのプロセス全体を通して行われます。各工程で品質を作り込み、検証し、改善するPDCAサイクルを回すことが、高品質なシステムを生み出すカギと言えるでしょう。

開発手法別の品質管理のポイント

システム開発の品質管理を効果的に進めるには、プロジェクトで採用する開発手法に応じた適切なアプローチが必要です。ここでは、代表的な開発手法であるウォーターフォール型とアジャイル型における品質管理のポイントを解説します。

ウォーターフォール型開発における品質管理

ウォーターフォール型は、要件定義、設計、実装、テスト、リリースという工程を順番に進める開発手法です。各工程の成果物を次工程に引き渡す際に、品質のゲートが設けられるのが特徴です。

ウォーターフォール型における品質管理のポイントは以下の通りです。

  • 各工程の入り口と出口で、品質基準を満たしているかを厳密にチェックする
  • 工程ごとに詳細な品質管理計画を立て、レビューやテストを確実に実施する
  • 上流工程の成果物の品質が、下流工程の品質に大きく影響するため、要件定義や設計の品質を重視する
  • 計画通りに品質活動が実施されているか、進捗管理を徹底する
  • テスト工程では、網羅的なテストを行い、バグを徹底的に洗い出す

ウォーターフォール型の品質管理では、各工程で品質を確実に作り込み、後戻りを防ぐことが重要です。そのためには、工程間の連携を密にし、早期にフィードバックを行うことが欠かせません。

アジャイル型開発における品質管理

アジャイル型は、短いイテレーション(反復)を繰り返しながら、少しずつシステムを作り上げていく開発手法です。早い段階からの動作するソフトウェアの提供と、変化への柔軟な対応を重視するのが特徴です。

アジャイル型における品質管理のポイントは以下の通りです。

  • イテレーションごとに、品質を検証し、フィードバックを得ながら開発を進める
  • 自動化されたテストを活用し、リグレッションを防ぎつつ、品質を継続的に確保する
  • 開発チームとステークホルダーのコミュニケーションを密にし、要求の変化に機敏に対応する
  • シンプルなデザインを心がけ、不要な複雑さを避けることで、品質を高める
  • 継続的インテグレーションを実践し、品質の問題を早期に検出し、解決する

アジャイル型の品質管理は、短いサイクルで品質を作り込み、検証していくことが基本です。そのため、自動化されたテストやツールの活用が欠かせません。また、チームメンバー全員が品質に対する責任を持ち、協力して品質の向上に取り組むことが重要です。

アジャイル型では、変化への対応力が求められるため、品質管理計画も柔軟に変更できるものでなくてはなりません。品質基準やテスト計画は、プロジェクトの進行に合わせて適宜見直し、最適化していく必要があります。

以上のように、ウォーターフォール型とアジャイル型では、品質管理のアプローチに違いがあります。ただし、どちらの手法でも、品質を重視する姿勢と、継続的な改善の取り組みは共通して重要です。プロジェクトの特性や目的に合わせて、適切な品質管理の方法を選択し、実践していくことが求められます。

品質管理で重視すべき指標

システム開発の品質管理において、客観的な指標を用いて品質を可視化し、改善につなげることが重要です。ここでは、代表的な品質指標であるバグ密度とテスト密度の意味と活用方法を解説するとともに、その他の品質分析手法についても触れていきます。

バグ密度とは?

バグ密度は、コードの行数あたりのバグ数を表す指標です。この指標を把握することで、ソフトウェアの品質レベルを定量的に評価できます。バグ密度が高い場合は、品質向上のための対策が必要だと判断できます。

バグ密度を活用するには、バグの検出と管理を徹底する必要があります。バグ管理システムを導入し、バグの発生状況を正確に記録することが重要です。また、バグ密度の高いモジュールや機能を特定し、重点的にレビューやテストを行うことで、効果的な品質改善が可能になります。

テスト密度とは?

テスト密度は、コードの行数あたりのテストケース数を表す指標です。この指標は、テストの網羅性を評価するために用いられます。テスト密度が高いほど、網羅的にテストが行われていると判断できます。

テスト密度を向上させるには、自動化されたテストの導入が有効です。単体テスト、結合テスト、システムテストなど、さまざまなレベルのテストを自動化することで、テストの効率と品質を高められます。また、テスト密度の低い部分を把握し、テストを追加することで、テストの網羅性を改善できます。

その他の品質分析手法

バグ密度やテスト密度以外にも、品質を分析するための様々な手法があります。例えば、コードの複雑度を測定するサイクロマティック複雑度、コードの依存関係を可視化するコールグラフ、コードの重複を検出するコードクローン分析などです。

これらの手法を活用することで、コードの品質リスクを早期に発見し、対策を講じることができます。ただし、これらの手法を有効に活用するには、一定のスキルと経験が必要です。必要に応じて、社内のエンジニアを教育したり、外部の専門家に相談したりすることも検討すべきでしょう。

品質指標

品質指標を活用する際は、指標の意味を正しく理解し、プロジェクトの目的に合わせて適切な指標を選ぶことが重要です。また、指標の数値だけでなく、その背景にある品質の問題を分析し、改善につなげることが求められます。

品質指標は、品質管理のPDCAサイクルを回す上で欠かせない指標です。指標を用いて品質を可視化し、問題を特定し、改善策を立案・実行することで、継続的な品質向上を実現できます。また、品質指標は、ステークホルダーとのコミュニケーションにも役立ちます。指標を用いて品質の状況を説明することで、ステークホルダーの理解と協力を得やすくなります。

品質指標の活用は、高品質なシステムを効率的に開発するための重要な取り組みです。プロジェクトの特性に合わせて適切な指標を選択し、品質管理のPDCAサイクルに組み込んでいくことが求められます。また、指標の活用を通じて得られた知見を組織全体で共有し、品質管理のノウハウを蓄積していくことも重要です。

システム開発の品質管理は、決して簡単な取り組みではありません。しかし、品質指標を上手く活用することで、確実に品質を向上させることができます。品質指標の意味を正しく理解し、プロジェクトの目標達成に役立てていきましょう。

品質管理ツールの活用

高品質なシステムを効率的に開発するには、品質管理のための各種ツールを適切に活用することが欠かせません。ここでは、バグ管理システムやテスト管理ツールなど、代表的な品質管理ツールを紹介するとともに、ツール導入のメリットとポイントを解説します。

バグ管理システム

バグ管理システムは、バグの報告、追跡、修正の状況を一元的に管理するためのツールです。代表的なバグ管理システムとしては、JIRA、Redmine、Bugzillaなどがあります。バグ管理システムを導入することで、以下のようなメリットが得られます。

  • バグの発生状況や対応状況を可視化できる
  • バグの重要度や優先順位を設定し、対応を効率化できる
  • バグの原因分析や再発防止に役立つ情報を蓄積できる

バグ管理システムを選ぶ際は、プロジェクトの規模や特性に合ったものを選ぶことが重要です。また、バグ管理のプロセスやルールを明確にし、関係者全員で遵守することが求められます。

テスト管理ツール

テスト管理ツールは、テストケースの作成、実行、結果の記録などを支援するツールです。代表的なテスト管理ツールとしては、TestRail、Zephyr、PractiTestなどがあります。テスト管理ツールを導入することで、以下のようなメリットが得られます。

  • テストの網羅性や進捗状況を可視化できる
  • テストの自動化や並列実行により、テストの効率を高められる
  • テスト結果の分析やレポート作成が容易になる

テスト管理ツールを選ぶ際は、テストの種類や自動化の要否などを考慮する必要があります。また、テスト管理ツールとバグ管理システムを連携させることで、テストとバグ管理の一貫性を高めることができます。

その他の品質管理ツール

バグ管理システムやテスト管理ツール以外にも、品質管理に役立つ様々なツールがあります。例えば、コードレビューを支援するツール(Gerrit、Crucible等)、コードの静的解析ツール(SonarQube、Checkstyle等)、パフォーマンステストツール(Apache JMeter、LoadRunner等)などです。

これらのツールを活用することで、品質の作り込みと検証を効率的に行うことができます。ツールの選定に当たっては、導入コストや学習コスト、運用負荷などを十分に検討する必要があります。

品質管理ツールは、品質管理活動を効率化し、品質の可視化と改善に役立つ強力な武器です。しかし、ツールはあくまでも手段であり、ツールを使いこなす人材の育成と、ツールを有効に活用するためのプロセスの整備が欠かせません。ツールの導入と並行して、品質管理のスキル向上と体制づくりを進めていくことが重要です。

品質管理を成功に導く実践ポイント

システム開発の品質管理を成功に導くには、いくつかの重要な実践ポイントがあります。ここでは、品質目標の明確化、プロセスの定義、活動の実施、改善の継続などの実践ポイントを説明するとともに、事例を交えて発注者側と開発者側の留意点を解説します。

品質目標の明確化

品質管理を効果的に進めるには、まず品質目標を明確にすることが重要です。品質目標は、システムに求められる品質特性(信頼性、使用性、効率性など)を具体的な指標で表したものです。品質目標を設定する際は、以下の点に留意します。

  • ステークホルダーのニーズや期待を踏まえる
  • 定量的で測定可能な指標を用いる
  • 目標値とその根拠を明確にする

品質目標を明確にすることで、プロジェクト関係者の品質に対する意識を高め、品質管理活動の的を絞ることができます。

プロセスの定義

品質管理を確実に実施するには、品質管理のプロセスを明確に定義することが必要です。プロセスの定義には、以下の事項を含めます。

  • 品質管理活動の内容と手順
  • 各活動の実施主体と責任範囲
  • 成果物の種類と品質基準
  • ツールや文書のテンプレート

プロセスを定義することで、品質管理活動の標準化と効率化を図ることができます。ただし、プロセスの定義は形骸化しないよう、プロジェクトの実情に合わせて柔軟に見直すことが重要です。

活動の実施

定義されたプロセスに基づいて、品質管理活動を着実に実施することが求められます。その際、以下の点に留意します。

  • 計画通りに活動が実施されているか確認する
  • 品質目標の達成状況を定期的にモニタリングする
  • 問題が発生した場合は、速やかに是正措置を講じる

品質管理活動の実施に当たっては、発注者と開発者の緊密なコミュニケーションが欠かせません。発注者は、要求事項を明確に伝え、開発状況を適切に把握する必要があります。一方、開発者は、品質管理活動の状況を発注者に報告し、問題点や課題を共有することが重要です。

改善の継続

品質管理は一時的な活動ではなく、継続的に改善を図っていくことが重要です。改善活動には、以下の取り組みが含まれます。

  • 品質データの収集と分析
  • 問題点の原因究明と対策立案
  • ベストプラクティスの横展開
  • プロセスや基準の見直し

改善活動を継続的に行うことで、品質管理のPDCAサイクルを回し、品質管理の成熟度を高めていくことができます。

品質管理の実践には、発注者と開発者の双方の努力が必要です。発注者は、品質要求を明確にし、品質管理活動を支援する必要があります。一方、開発者は、品質管理を自らの責務と捉え、積極的に品質向上に取り組むことが求められます。

品質管理の成功事例として、トヨタのカイゼン活動が知られています。トヨタでは、現場の担当者が主体となって品質の問題を発見し、改善を積み重ねることで、高い品質と生産性を実現しています。この事例は、品質管理が特別な活動ではなく、日常的な業務の中で継続的に取り組むべきものであることを示しています。

システム開発の品質管理は、決して簡単な取り組みではありません。しかし、明確な目標設定、適切なプロセス定義、確実な実施、継続的な改善を通じて、着実に品質を高めていくことができます。品質管理の重要性を認識し、地道な努力を積み重ねることが、成功への鍵と言えるでしょう。

システム開発の品質管理に役立つ資格

システム開発の品質管理を効果的に進めるには、品質管理に関する専門知識やスキルが必要です。ここでは、品質管理に役立つ代表的な資格を紹介します。これらの資格を取得することで、品質管理の知識を体系的に学ぶことができ、実践力の向上につながります。

品質管理検定(QC検定)

品質管理検定は、品質管理に関する知識や手法の習得度を評価する資格試験です。品質管理の基礎知識から、統計的手法、信頼性工学、品質マネジメントシステムなど、幅広い分野をカバーしています。合格者には、品質管理の専門家としての能力が認められます。

JSTQB認定テスト技術者

JSTQB(日本ソフトウェアテスト資格認定機構)認定テスト技術者は、ソフトウェアテストに関する国際的な資格です。テスト技法、テストプロセス、テストマネジメントなど、ソフトウェアテストに必要な知識と技能を体系的に学ぶことができます。資格にはFoundation Level、Advanced Level、Expert Levelの3つのレベルがあります。

ITSS(ITスキル標準)

 ITSS(ITスキル標準)は、経済産業省が定めたIT分野のスキル標準です。品質管理に関連する専門分野として、「ソフトウェア開発」や「ITサービスマネジメント」などがあります。ITSSに基づいて自己のスキルを診断し、不足しているスキルを明確にすることで、効果的なスキルアップが可能になります。

プロジェクトマネジメント資格

 品質管理は、プロジェクトマネジメントの重要な要素の一つです。PMP(Project Management Professional)やPRINCE2(PRojects IN Controlled Environments)など、プロジェクトマネジメントに関する資格を取得することで、品質管理を含むプロジェクト全体のマネジメント力を高めることができます。

これらの資格の取得には、一定の実務経験と学習時間が必要です。資格取得には時間と労力を要しますが、得られる知識とスキルは、品質管理の実践に大いに役立つはずです。自社の人材育成計画の中に、これらの資格取得を組み込むことも検討に値します。

資格取得と並行して、社内での勉強会やOJTを通じて、品質管理の実践力を高めていくことも重要です。資格で得た知識を実務に活かし、経験を積み重ねることで、真の品質管理のプロフェッショナルへと成長していくことができます。

まとめ

本記事では、システム開発における品質管理の重要性、プロセス、手法、ツール、実践のポイントについて解説してきました。品質管理は、高品質なシステムを効率的に開発するための重要な取り組みであり、プロジェクトの成功に大きな影響を与えます。

品質管理を効果的に進めるには、品質目標を明確にし、プロセスを定義し、適切な手法とツールを用いて着実に実施することが求められます。また、継続的な改善活動を通じて、品質管理のPDCAサイクルを回していくことが重要です。

品質管理は、発注者と開発者の双方の責務です。発注者は、明確な品質要求を示し、品質管理活動を支援する必要があります。一方、開発者は、品質管理を自らの責務と捉え、日々の活動の中で品質の作り込みと改善に取り組むことが求められます。

品質管理に関する資格の取得は、必要な知識とスキルを体系的に学ぶ良い機会です。資格取得と実務経験を通じて、品質管理のプロフェッショナルを育成していくことが重要です。

システム開発の品質管理は、一朝一夕にできるものではありません。しかし、品質管理の重要性を認識し、地道な努力を積み重ねることで、着実に品質を高めていくことができます。品質管理を組織の文化として定着させ、継続的な改善を通じて、高品質なシステム開発を実現していきましょう。

\スマホアプリ制作のご相談はこちら/ お問い合わせ