アプリ開発会社をお探しなら

株式会社Pentagonは上場企業からスタート
アップまで幅広くご支援しております。

資料ダウンロード

システム開発の成果物とは? 開発工程別の一覧と重要ポイントを解説

システム開発プロジェクトを成功に導くためには、各工程で生み出される成果物を適切に管理することが不可欠です。本記事では、システム開発における成果物の定義と役割、開発工程別の主な成果物一覧、そして成果物を適切に管理するためのポイントについて解説します。

システム開発における成果物の定義と役割

成果物とは、システム開発プロジェクトの各工程で作成される文書やソフトウェアのことを指します。これらは、プロジェクトの進捗状況や品質を確認するための重要な指標となります。

  • 成果物の定義

    成果物は、各工程で定義された作業の結果として生み出されるものです。仕様書、設計書、ソースコード、テスト報告書など、様々な形態を取ります。
  • 成果物が必要な理由

    成果物は、プロジェクトの進捗状況を可視化し、関係者間の情報共有を促進します。また、成果物を基にレビューを行うことで、品質の向上や問題の早期発見につなげることができます。
  • 成果物とドキュメント、納品物の違い

    ドキュメントは成果物の一種であり、主にプロジェクトの計画や設計、手順などを文書化したものを指します。納品物は、最終的にクライアントに引き渡される成果物のことで、完成したシステムやマニュアルなどが該当します。

システム開発工程別の主な成果物一覧

システム開発は、要求定義、設計、開発、テストなどの工程に分かれています。各工程で作成される主な成果物は以下の通りです。

  • 要求定義工程の成果物
  • RFP (提案依頼書)
  • 要件定義書
  • 機能要件書
  • 非機能要件書
  • 設計工程の成果物
  • 基本設計書
  • 詳細設計書
  • 画面設計書
  • データベース設計書
  • インターフェース設計書
  • 開発・テスト工程の成果物
  • ソースコード
  • 単体テスト仕様書・報告書
  • 結合テスト仕様書・報告書
  • システムテスト仕様書・報告書
  • 運用テスト仕様書・報告書
  • その他の成果物
  • 会議資料 (議事録、決定事項など)
  • 進捗報告書
  • 課題管理表
  • リスク管理表

成果物を適切に管理するためのポイント

成果物を効果的に活用するには、適切な管理が欠かせません。以下のポイントを押さえることで、成果物の管理レベルを高めることができます。

  • 成果物の定義と種類を明確化

    プロジェクト開始時に、各工程で作成する成果物の定義と種類を明確にしておきます。これにより、作業の目的や手順が明確になり、効率的に成果物を作成できます。
  • 工程ごとの成果物をリストアップ

    各工程で作成する成果物を一覧表などでリストアップし、可視化します。これにより、進捗状況の把握や成果物の過不足チェックが容易になります。
  • 成果物の管理ルールを決める

    成果物の作成方法、保管場所、バージョン管理、アクセス権限などのルールを決めておきます。一貫した管理ルールを適用することで、成果物の品質を担保しやすくなります。
  • 関係者間で内容を共有する

    成果物の内容を関係者間で共有し、レビューやフィードバックを行います。これにより、成果物の品質向上や問題の早期発見・解決につなげられます。
  • 成果物の品質評価とレビュー

    成果物の品質を評価するための基準を設け、定期的にレビューを実施します。品質の高い成果物を作成・維持することで、プロジェクトの成功確率が高まります。

システム開発プロジェクトの成否は、成果物の適切な管理にかかっていると言っても過言ではありません。成果物の種類や管理方法を理解し、運用ルールを確立することが重要です。

また、システム開発を外部に委託する際は、成果物の取り扱いについても確認しておくことをおすすめします。成果物の帰属や秘密保持、提出方法などを事前に取り決めておくことで、トラブルを未然に防ぐことができるでしょう。

適切な成果物管理により、システム開発プロジェクトの品質と効率を高め、成功へと導きましょう。

システム開発における成果物管理ツールの導入

システム開発プロジェクトでは、成果物の適切な管理が重要ですが、手作業での管理は非効率的で手間がかかります。そのため、成果物管理ツールの導入を検討することをおすすめします。

成果物管理ツールには、以下のような特徴があります。

  1. ファイルの一元管理 プロジェクトの全体像を把握しやすく、必要なファイルにアクセスしやすくなります。
  2. バージョン管理 ファイルの変更履歴を追跡でき、過去のバージョンにも簡単にアクセスできます。
  3. アクセス権限の設定 プロジェクトメンバーごとにアクセス権限を設定でき、セキュリティを向上できます。
  4. ワークフローの自動化 承認プロセスや通知などのワークフローを自動化でき、業務の効率化が図れます。

これらの特徴により、成果物管理ツールを導入することで、プロジェクトの生産性と品質を高めることができます。

成果物管理ツールの選定のポイント

成果物管理ツールを選定する際は、以下のようなポイントを考慮しましょう。

  1. プロジェクトの規模や特性に合ったツールを選ぶ プロジェクトの規模や業界、開発手法などに合ったツールを選ぶことが重要です。
  2. 使いやすさと導入コストを比較する ツールの操作性や導入・運用コストを比較し、自社に最適なツールを選びましょう。
  3. インテグレーションの可能性を確認する 既存のシステムやツールとの連携ができるかどうかを確認しておくことが重要です。
  4. サポート体制を確認する トラブル発生時のサポート体制や、ユーザー向けの資料・トレーニングの有無も確認しましょう。

これらのポイントを踏まえて、自社に最適な成果物管理ツールを選定することをおすすめします。

システム開発を依頼する際の流れと注意点

システム開発を外部に委託する際は、依頼する側としても開発の流れを理解し、適切な対応を取ることが重要です。ここでは、開発会社への依頼の流れと注意点について概要を説明します。

要件定義とRFPの作成
まず、自社のシステム要件を明確にし、RFP(提案依頼書)を作成します。要件を具体的に記載することで、開発会社とのミスマッチを防ぐことができます。

開発会社の選定
RFPを複数の開発会社に送付し、提案書を比較検討します。会社の実績や技術力、提案内容、見積もり金額などを総合的に評価し、最適な開発会社を選定します。

契約締結
選定した開発会社と契約を締結します。成果物の帰属や秘密保持、開発スケジュール、費用などを明確にしておくことが重要です。

要件のヒアリングと設計
開発会社との打ち合わせを通じて、要件の詳細を伝達します。開発会社はシステムの設計を行い、設計書を作成します。

開発とテスト
設計書に基づいて、開発会社がプログラムの実装を行います。モジュール単位でテストを実施し、品質を確保します。

納品とユーザーテスト
開発が完了したら、システムの納品が行われます。ユーザー側で動作確認を行い、不具合があれば修正を依頼します。

運用とメンテナンス
納品後は、システムの運用を開始します。定期的なメンテナンスを依頼することで、システムを最適な状態に保つことができます。

開発会社に依頼する際は、自社の要件を明確にし、適切なコミュニケーションを取ることが重要です。また、契約内容や成果物の取り扱いについても、事前に取り決めておくことをおすすめします。

システム開発の依頼に関するよくある質問

Q1. システム開発の依頼は、どのような場合に必要になりますか?

 A1. 自社で必要なシステムを内部開発できない場合や、専門的な技術が必要な場合に、外部の開発会社に依頼することがあります。

Q2. システム開発の依頼にはどのようなメリットがありますか?

 A2. 専門的な技術を持つエンジニアに開発を任せられるため、高品質なシステムを短期間で構築できるというメリットがあります。また、自社の人的リソースを割かずに済むという点もメリットの一つです。

Q3. システム開発の依頼にはどのようなデメリットがありますか? 

A3. 外部に委託するため、コストがかかるというデメリットがあります。また、自社の要件を正確に伝えないと、期待通りのシステムが構築できない可能性もあります。

Q4. システム開発の見積もりを依頼する際の注意点は何ですか?

 A4. 見積もりを依頼する際は、RFPに要件を具体的に記載することが重要です。曖昧な要件では、正確な見積もりが得られない可能性があります。また、複数の会社に見積もりを依頼し、比較検討することをおすすめします。

Q5. システム開発の依頼先として、どのような会社を選ぶべきですか? 

A5. 実績や技術力、提案内容、見積もり金額などを総合的に評価し、自社の要件に合った会社を選ぶことが重要です。また、開発会社との相性も大切な要素の一つです。気軽に相談できる会社を選ぶことをおすすめします。

これらの情報を参考に、自社に合ったシステム開発の依頼先を見つけ、適切な開発プロセスを踏むことで、高品質なシステムを構築することができるでしょう。システム開発の依頼について不明な点があれば、専門家に無料相談することをおすすめします。

システム開発の発注から納品までの具体的な流れ

システム開発を外部に発注する際は、適切な手順を踏むことが重要です。ここでは、発注から納品までの具体的な流れを説明します。

  1. 要件定義 まず、システムの要件を明確にします。業務フローや画面遷移図、入出力データのフォーマットなど、具体的な要件を定義します。この段階で、実現したい機能や性能、利用環境などを明確にしておくことが重要です。
  2. RFP作成と発注先選定 要件定義に基づいて、RFP(提案依頼書)を作成します。RFPには、要件の他にも、予算や納期、契約条件などを記載します。作成したRFPを複数の開発会社に送付し、提案を比較検討して発注先を選定します。
  3. 契約締結 選定した開発会社と契約を締結します。契約書には、成果物の範囲や納期、検収条件、支払い条件などを明記します。また、知的財産権の帰属や秘密保持、瑕疵担保責任などについても取り決めておくことが重要です。
  4. 設計 契約締結後、開発会社がシステムの設計を行います。基本設計では、システムの全体構成やデータベース設計、インターフェース設計などを行います。詳細設計では、画面レイアウトや帳票フォーマット、プログラムの構造などを具体的に設計します。
  5. 開発とテスト 設計書に基づいて、開発会社がプログラミングを行います。モジュール単位でユニットテストを実施し、品質を確保します。その後、モジュールを結合してシステム全体のテストを行います。テストでは、機能や性能、操作性などを確認します。
  6. 納品とユーザー受入れテスト 開発が完了したら、システムの納品が行われます。納品物には、プログラムのソースコードやマニュアル、テスト結果報告書などが含まれます。納品後は、ユーザー側で受入れテストを実施し、要件通りに動作することを確認します。
  7. 運用とメンテナンス 受入れテストが完了したら、システムの運用を開始します。運用中は、定期的なメンテナンスを行い、システムを最適な状態に保ちます。また、要件の変更や不具合の修正など、継続的なサポートを受けることができます。

以上が、システム開発の発注から納品までの一般的な流れです。プロジェクトの規模や特性に応じて、各段階の内容や期間は異なりますが、基本的な流れは同じです。発注者側は、各段階で確認や承認を行い、プロジェクトを円滑に進めることが重要です。

システム開発の発注における注意点

システム開発を発注する際は、以下のような点に注意が必要です。

  1. 要件定義を明確にする 曖昧な要件のまま発注すると、期待通りのシステムが完成しない可能性があります。業務フローやデータフロー、画面遷移図などを用いて、具体的な要件を定義することが重要です。
  2. 適切な発注先を選定する 発注先の選定は、プロジェクトの成否を左右する重要な要素です。技術力や実績、提案内容、コストなどを総合的に評価し、最適な開発会社を選ぶことが大切です。
  3. 契約内容を明確にする 契約書には、成果物の範囲や納期、検収条件、支払い条件などを明記します。また、トラブル発生時の責任分界点や、契約解除の条件なども取り決めておくことが重要です。
  4. コミュニケーションを密にする プロジェクトを円滑に進めるには、発注者と受注者の密なコミュニケーションが欠かせません。定期的な進捗報告会や課題解決のための打ち合わせを行い、認識のズレを防ぐことが大切です。
  5. プロジェクト管理を適切に行う プロジェクトの進捗管理や品質管理、リスク管理などを適切に行うことが重要です。プロジェクトマネージャーを任命し、進捗状況を可視化することで、問題の早期発見・解決につなげることができます。

これらの点に注意しながら、システム開発を発注することで、高品質なシステムを構築することができるでしょう。

システム開発の発注に関するサービスの紹介

近年、システム開発の発注をサポートするさまざまなサービスが登場しています。ここでは、代表的なサービスを紹介します。

  1. 発注支援サービス 要件定義や見積もり、契約書作成などを支援するサービスです。発注者の負担を軽減し、適切な発注を行うことができます。
  2. マッチングサービス 発注者と受注者をマッチングするサービスです。プロジェクトの内容に合った開発会社を探すことができます。
  3. クラウドソーシングサービス 不特定多数のエンジニアに開発を発注できるサービスです。コストを抑えながら、柔軟に開発リソースを確保することができます。
  4. プロジェクト管理ツール プロジェクトの進捗管理や課題管理を行うためのツールです。オンラインでの情報共有やコミュニケーションを円滑に行うことができます。

これらのサービスを上手に活用することで、システム開発の発注をより効果的・効率的に進めることができるでしょう。

以上、システム開発の発注について、具体的な流れや注意点、サポートサービスなどを説明しました。本記事が、読者のシステム開発発注の一助となれば幸いです。

\スマホアプリ制作のご相談はこちら/ お問い合わせ