【ハイブリットアプリとは?】メリットや開発方法までイチから解説!

現在、数えきれない種類のスマートフォン用アプリケーションが普及しています。スマートフォンの位置情報を検知して道案内をしてくれる交通案内アプリや、カメラ機能と同期して撮った写真を加工してくれるカメラアプリなどがありますが、これらのアプリを開発するには非常に多くの工数がかかります。

そこで、「ハイブリッドアプリ」の開発を検討しているという方も多いのではないでしょうか?

今回この記事では、ハイブリットアプリの特徴やメリットをご紹介し、最後にネイティブアプリの開発工程についても解説していきます。

ハイブリットアプリとは?

ハイブリットアプリとは、Webアプリとネイティブアプリ両方の制作技術で作成される、スマートフォンのiOSやAndroidで動作するアプリのことです。OSのWebView上で動作し、なおかつカメラやGPSなどのデバイスのネイティブ機能を利用できることが大きな特徴です。

ハイブリッドアプリの開発では、HTMLやCSSなどのプログラム言語を主に使用します。端末のネイティブ機能を使用したいときは、JavaScriptを用いたコンポーネントを追加することで、ネイティブアプリのようにデバイス独自の機能を使えるようになります。

ハイブリッドアプリとネイティブアプリの違い

ハイブリッドアプリは、Webアプリとネイティブアプリの両方の特徴を持つアプリです。

Webアプリはダウンロードを必要とせず、インターネットに接続された環境下であればデバイスを問わずアクセスできるという強みがあります。しかし、連携できるデバイス上の機能は限定的なため、ネイティブアプリほど柔軟性のある使い方を提供することができません。その点、ハイブリッドアプリはプッシュ通知やNFCなどのネイティブ機能を利用し、モバイル端末ならではの利便性も提供することができます。

また、ハイブリッドアプリは、ネイティブアプリと比較すると開発しやすいという特徴があります。ネイティブアプリは、iOS・AndroidそれぞれのOSに対応するように、別々で開発する必要があります。対し、ハイブリッドアプリは、OS関係なく動作するすことができるため、その分教育や人材確保にかかるコストを削減することが可能です。

ハイブリットアプリのメリット

ハイブリットアプリの長所は、大きく分けて3つあります。以下にハイブリッドアプリのメリットをご紹介します。

OS関係なく開発できる

先述しましたが、ハイブリットアプリの最大の特徴は、動作環境が使っているデバイスに左右されない点です。

ハイブリットアプリはマルチプラットフォームに対応しているため、OSやデバイスなど、アプリケーションを起動する環境を選びません。1つの開発工数でiOSとAndroidの両方に対応したアプリを開発できるため、少ない開発工数で早期にリリースできる点も魅力です。

コストを抑えて開発できる

iOSとAndroidのOS毎に開発する必要がないため、開発コストも大幅に削減できます。Webアプリの開発経験者であれば開発を行えることから、iOSとAndroidのそれぞれのアプリ開発に精通した人材を採用する必要はなく、人件費を抑えて開発を進めることが可能です。

開発コストを抑えることができれば、その分アプリのプロモーション活動に費用を投下するなど、ダウンロード数を伸ばすための施策に注力できるようになります。

アプリのプロモーション施策については、こちらの記事で詳しくご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

メンテナンスが簡単

ハイブリットアプリはマルチプラットフォームを採用しているため、1度のメンテナンスで複数のOSに対応できます。従来のネイティブアプリは、各OSがバージョンアップされたり、アップデートする必要があったりする場合は、それぞれのアプリを修正しなければなりませんでした。しかし、ハイブリットアプリの場合はWeb上で表示されるため、OSやデバイスの影響を受けません。アプリの内容を変更する際にも、サーバー側の変更のみで簡単に反映することができます。

ハイブリットアプリの懸念点

ここまで、ハイブリットアプリは開発工数が少ないこと、これによりコストが抑えられてメンテナンスも簡単にできるとご紹介しました。しかし、ハイブリッドアプリにもデメリットは存在します。アプリ開発はそれなりに開発費用がかかることから、思い通りのアプリを制作するには事前にメリット・デメリットを理解したうえで開発を進めることが大切です。

ここからは、ハイブリットアプリのデメリットを大きく2つの項目に分けてご紹介します。

動作が重い

ハイブリットアプリは、比較的に少ない開発工数でWebアプリよりもさまざまな機能を搭載することができますが、ネイティブアプリほどアニメーションのバリエーションが豊富ではなく、動作の滑らかさも劣ります。動作が重く、スムーズに起動しないとユーザーにストレスを与えてしまい、継続的に利用してもらえない可能性もあります。特に、3Dのゲームは動作が重くなってしまうため、ジャンルに応じてハイブリッドアプリとネイティブアプリを使い分けるようにしましょう。

細かな変更が難しい

詳細部分の変更が臨機応変に行えないことも、ハイブリットアプリのデメリットです。ハイブリットアプリは制作の段階で大まかなフレームワークに沿って作成されるため、フレームから外れる修正を施しにくいという特徴があります。

また、ネイティブ機能を利用する際はプラグインを使用しますが、利用の可否はプラグインの有無に左右されます。プラグインの多くは個人開発なので、欲しいプラグインがない場合は自社で開発する必要も出てきます。

ネイティブアプリはどんなケースにおすすめ?

ここまでハイブリットアプリの特徴やメリット、デメリットについてご紹介しました。それでは、ネイティブアプリはどのような場合に適しているのでしょうか。ここでは、ネイティブアプリの導入がおすすめのケースをいくつかご紹介します。

ネイティブアプリの特徴は「端末上」で動作する点にあります。ネイティブアプリは、「App Store」や「Google Play」といったアプリケーションストアから自身のデバイスにアプリをダウンロードして利用します。そのため、オフラインでの使用が想定される写真加工アプリやゲームアプリなどと相性が良いのです。また、軽い操作性が求められるアプリの場合も、ネイティブアプリの方が適しています。

しかし、アップデートの度にダウンロードしてもらう必要がある点から、更新頻度の高いコンテンツを届ける場合にはネイティブアプリは向いていません。料理のレシピサイトやニュースアプリなど、それほど動作にスピードを求められず、日々コンテンツの更新が発生するようなアプリは、ハイブリッドアプリが適しているといえます。

ネイティブアプリの開発

ここでは、ネイティブアプリの具体的な開発手法と、開発ステップをご紹介します。

開発手法について

ソフトウェア開発の進め方は、「ウォーターフォール型」と「アジャイル型」に分けられます。まず、それぞれの手法についてご説明します。

ウォーターフォール型

段階的に作業を進めていく開発手法で、大きなトラブルや修正がない限りはスケジュール通りに開発が進めやすいことから、中~大規模のアプリ開発で取り入れられる手法です。

また、スケジュール管理がしやすく、しっかり要件を決めてから着手するため、予算が見積もりやすいというメリットがあります。しかし、途中で修正が発生した場合は開発工数やコストが想定よりも膨らんでしまう恐れもあります。

アジャイル型

適宜改善を加えながら開発していく手法で、短期間でのリリースを目指す場合に向いています。また、都度イメージや機能の修正を加えながら開発できることから、要件に沿ったアプリを開発しやすいというメリットもあります。

最初から完成した状態でのアプリリリースを目指すのではなく、ユーザーの声を反映しながら改良していくため、ユーザーのニーズをアプリに反映していきやすいのも特徴です。ただし、柔軟性の高い開発手法であることから、意図せぬ方向に開発が進んでしまう恐れもあります。

ネイティブアプリの開発ステップ

開発は、大まかに4つのステップで行っていきます。

ステップ1:要件を定義する

希望に沿ったアプリを開発するためにも、アプリを開発する目的を明確にし、必要な機能を洗い出していきます。そのためには、まずはターゲットとなるユーザーのニーズをしっかりと汲み取ることが重要です。

ステップ2:外部設計を決める

外部設計では、以下の3つの設計を決めていきます。

・方式設計:プログラミング言語・フレームワークなどの環境やセキュリティ対策を決めます。
・UI/UX設計:ユーザーにとって使いやすく、直感的な操作ができるデザインを心掛けてアプリの画面を設計します。
・機能設計:要件定義の機能を搭載するために、動作やログイン条件などの細かな動作に加えて、アプリ内でどのように処理するか詳細な設計をしていきます。

ステップ3:内部を設計する

外部設計で決まった要素を、実際にプログラミングで落とし込んでいく工程です。データを保存しておく場所や、ログイン情報との照合をどのように行うかなどを決めていきます。

また、複数の画面でボタンの動作が同じ場合、都度開発するのではなく、モジュールとして機能を複製できるようにしておきます。その際、どこまで細分化するか決めていくモジュール設計という作業も発生します。

ステップ4:開発の開始

無事に設計が完了したら、開発に移ります。ここまで決めた要件や設計に従い、プログラミング言語やフレームワークを活用してコーディングを行っていき、開発が完了したらテストを行います。

テストは、まずは単体テストでモジュール単位、画面単位で想定したとおりの動作がクリアできているかチェックし、処理が失敗した場合の挙動も確認しておきます。単体テストで細かな洗い出しが完了したら、最後に画面やモジュールを組み合わせて実際の利用を想定した結合テストを行います。結合テストでは、ユーザーの視点で使いづらい点や分かりづらい点はないかどうかチェックし、リリースに備えていきます。

アプリ開発については、以下の記事で詳しく解説しています。併せてご参照ください。

まとめ

この記事では、ハイブリットアプリとネイティブアプリについてご紹介しました。

ハイブリットアプリは、OSに依存することなくどのような端末でも起動することができ、ネイティブアプリはOS毎の開発は必要なもののスムーズな動作と多様な機能を搭載することができます。記事内でご説明した通り、ハイブリッドアプリとネイティブアプリにはそれぞれメリット・デメリットがあります。

アプリ開発を進める場合は、それぞれの特徴をよく理解し、ターゲットやアプリの目的に応じてアプリの種類を選ぶようにしましょう。

\アプリ・Webサイト制作のご相談はこちら/ お問い合わせ