魅力的なWebサイトを制作してマーケティングを成功させるには?

魅力的なWebサイトの制作を目指して、さまざまな工夫をされている方は多くいるでしょう。企業の信頼性はWebサイトの品質で判断される場面も多く、その重要性は年々高まっています。これはWebマーケティングにおいても同様で、Webサイトの品質によってマーケティングの成果が大きく左右されます。

そこでこの記事では、魅力的なWebサイトを作るために役立つ情報を解説します。Webサイトを制作するための方法や、より良いWebサイトを作るためのポイントなどをお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

WebマーケティングにおけるWebサイトの重要性

まずWebマーケティングとは、WebサイトやWebサービスを活用して行われるマーケティングのことを指します。Webマーケティングでは、お客様を呼び込む集客活動や商品の魅力を伝える販売活動をすべてオンライン上で行います。Webマーケティングの代表的な施策としては、SEO・メールマーケティング・リスティング広告・アフィリエイト広告・アドネットワーク広告・SNS広告などが挙げられますが、主軸となるのはWebサイトです。

Webサイトには多くの種類があり、ECサイトであれば商品の販売を行いますし、コーポレートサイトであれば企業や店舗などの顔としての役割を果たします。さまざまな施策を行ってお客様を導く先はWebサイトです。そして、Webサイトは商品の購入や問い合わせの実施などのコンバージョンを達成するための鍵を握っています。

Webサイトは年々重要性が高まっており、新しく事業を始めるのであれば欠かせない存在です。多くの企業が工夫を凝らして情報を発信し、魅力的なWebサイトを構築しようとさまざまなアップデートを続けています。Webマーケティングを成功させるためには、高品質なWebサイトを制作する必要があるのです。

Webサイトを制作する主な方法

それでは、Webサイトを制作するにはどうすればいいでしょうか。ここでは自社で制作する方法と外部に依頼する方法、それぞれのメリット・デメリットを解説します。

自社で制作するメリット・デメリット

Webサイトを構築するための知識やスキルがあれば、Webサイトを自社内で制作することが可能です。

自社制作のメリット

自社制作のメリットとしては、まず費用を安く抑えられることが挙げられます。外部にWebサイトの作成を依頼すると外注費がかかり、Webサイトの規模によっては高額になることも珍しくありません。自社にてWebサイトを作成すれば、自社の人件費以外ではサーバーやドメインのレンタル料・ホームページ作成ソフトの購入費などしか費用がかからないので、コストを抑えられます。

また、スキルにも依存しますが、自社であれば自由度の高いWebサイトを構築できます。デザインやレイアウトの変更、機能の追加なども好みに合わせて行えます。目的やテーマが明確であれば、理想に近いWebサイトも制作できるでしょう。いつでも好きな時にWebサイトの更新が可能なので、常に柔軟に対応できる点も自社制作の場合の利点です。

自社制作のデメリット

一方でデメリットとして、Webサイトの自社制作には高度なWebの知識や技術が求められる点が挙げられます。制作には専門的なスキルが必要なため、誰もが簡単に行えるものではありません。また、技術動向など情報の変化も激しいことから、Webサイトを最新にアップデートしていくためにはさらにハードルが上がります。社内の人材の教育から始める場合は教育コストがかかってしまうので、その場合は外部に依頼した方が効率的です。

仮にWebサイトを構築できる方が社内にいる場合でも、属人的にWebサイト運営をしているとリスクがあります。何らかの理由で知識のある担当者が離職してしまうと、Webサイトの更新に支障が出るためです。引継ぎにも時間がかかるため、どういった体制でWebサイトを管理運営するかは熟慮が必要です。

外部に依頼するメリット・デメリット

続いて、外部にWebサイト制作を依頼する場合について考えてみましょう。

外注のメリット

外部に委託するメリットとしては、社内の業務負荷を軽減できることが挙げられます。Webサイト制作会社は、その道のプロフェッショナルです。サイト構築の知識だけでなく、自社のビジネスにとって最適な設計は何か、より効果的な集客の施策は何かといった点についても考えてもらえます。自社としてはWebサイトの目的や方向性などの軸となるプランを検討するだけよく、制作については基本的に外注先に任せられるのが大きな魅力です。

また、Webサイト制作会社は豊富なノウハウを持っており、トレンドについても把握しています。デザインや機能面での品質が高いWebサイトの制作が期待でき、お客様にとっても自社にとっても魅力的で使いやすいWebサイトが完成するでしょう。

さらに、Webサイトの運用や管理も代行してもらえます。Webサイトは制作したら終わりではなく、運用には幅広い知識が必要です。サーバー・ドメインなどを含めた管理も必要なので手間がかかりますが、外注でWebサイトの制作を依頼すれば、こうした煩雑な関連業務をすべて一任することが可能です。もし何かトラブルが発生した場合も迅速に対応してもらえます。

外注のデメリット

デメリットとしては、一般的に自社制作を行う場合よりも費用が高くなることが挙げられます。Webサイトの規模にもよりますが、依頼する内容が高度であればその分料金も高くなります。管理運用も任せるとなれば、月々の料金もかかります。

そのため、Webサイト制作会社に依頼する際は、見積もりを出してもらうなどして費用について事前の確認をよく行うようにしましょう。

また、自社で自由にWebサイトの更新ができない場合があります。小さな変更でもWebサイト制作会社を通さないといけないこともあるので、運用の際の疑問なども相談しておくことをおすすめします。

より良いWebサイトを作るために押さえておくべきこと

では、Webサイト制作する上で何に注意すれば良いでしょうか。より良いWebサイトにするための3つのポイントをお伝えします。

Webサイトの「目的」を明確に

Webサイトを制作する際は、デザインや内容を決めるよりも先に、目的を明確にしましょう。目的が明確でないと、いざWebサイト制作を始めても方向性がぶれてしまいがちです。目的が曖昧だと思いつくままにコンテンツを追加してしまい、何をお客様に届けたいのかが見えなくなります。

また、情報はたくさん掲載すればいいというものではなく、不必要なコンテンツは掲載を見送る工夫も大切です。Webサイト制作会社に依頼する場合でも目的が決まっていないと意図が伝わらないので、品質に影響します。Webサイトにアクセスしてくれた方に何をして欲しいのかをよく考えてみましょう。

いくつか具体的なWebサイト制作の目的の例を挙げると、問い合わせや資料請求を増やしたい、ECサイトからの注文で売り上げを伸ばしたい、新規顧客のアクセスを増加させたいなどがあります。Webサイトの土台とも言える目的をはっきりさせてから、制作をスタートしましょう。

訪問者にとって必要な情報を揃える

Webサイトの訪問者にとって必要な情報を揃えることも意識しましょう。

Webサイトの情報を訪問者に向けて最適化することは重要で、LPOと呼ばれるマーケティング手法が広く用いられています。LPOは「ランディングページ最適化」を意味しており、訪問者をWebサイト内の適切な情報へと誘導して離脱率を下げ、コンバージョン率をアップさせるために活用されます。

LPへの流入数が仮に多かったとしても、訪問者が探している情報を見つけるのに時間がかかってしまうと、コンバージョン達成前に離脱してしまいかねません。そのため、LPOでは訪問者のニーズにマッチした情報を分かりやすく提供し、Webサイトの改善を図ります。

また、コンバージョンに繋がるボタンやページが分かりにくい場合は、どれだけ内容が良くても成果には繋がりにくくなります。コンバージョンに直結するボタンやページなどの最適化もLPOを行う際のポイントです。

LPO実施の流れとしては、目的や目標を定めて現状を把握することが重要です。Webサイトを閲覧するお客様の人物像や求める行動を明確にし、具体的な成果目標を立てます。現状把握にはGoogleアナリティクスなどの解析ツールを活用して、定量的に分析しましょう。その結果から問題点を洗い出して仮説を立て、実行する施策を検討します。

仮にPV数は多いのにもかかわらずコンバージョンが低い場合は、お客様のニーズに合う情報を提供できていないかもしれません。コンテンツ・表現・機能性という3つの観点から、Webサイトの見直しを検討してみましょう。

訪問者の行動を促す

お客様のコンバージョンまでの道のりを設計しましょう。コンバージョンまでの最終ステップであるフォームの改善を考える場合は、EFOという手法がおすすめです。EFOは「入力フォーム最適化」を意味しており、入力フォームをお客様にとって使いやすく入力しやすい形に最適化する施策を指します。

Webサイトの入力フォームは、会員登録・問い合わせ・資料請求・購買など幅広い目的で設置されており、コンバージョンの要です。お客様が入力フォームでつまずいてしまうと、コンバージョンのダウンにも強く影響します。入力しなければならない項目が多い場合や、記入が難しい場合、指示がわかりにくい場合、何度トライしてもエラーメッセージが出てしまう場合は、お客様がストレスを感じてしまいます。

離脱したお客様は企業に対して不信感を抱いてしまうケースもあるため、EFOを行うことはWebサイト制作において重要です。入力フォームといったWebサイトの細部に至るまで使い勝手を考慮できていれば、お客様からの信頼感はアップします。

実際にEFOで入力フォームを改善する際の気をつけたいポイントをいくつか紹介します。

まず、入力が必須の項目については分かりやすく明記しましょう。必須項目には文字色やボックスに色を付けて差別化しておくことをおすすめします。

次に、ユーザーの入力ミスは視認しやすく設計しましょう。全角や半角は各入力項目に明記するだけでなく、お客様が誤って入力したときにエラーメッセージが表示されるようにするとより親切です。

最後に、コンバージョンボタンは目立つように設置しましょう。コンバージョンボタンには分かりやすい大きさや目立つ色を採用すると、お客様がスムーズに入力を完了できます。

魅力的なWebサイトを作るには?

より魅力的なWebサイトを制作するには、デザインも重要です。Webサイトは数え切れないほどありますが、その中で印象に残るためにはデザインが鍵を握っています。

私たちPentagonではこのWebサイトのデザインに注力しており、他とは一線を画するWebサイト制作を強みとしています。お客様の企業理念やサービス理念を具現化した、お客様だけのWebサイト作りであれば、ぜひ私たちにお任せください。

例えば、Webサイトに漫画のコマのような表現を取り入れて、お客様のサービスの概要をわかりやすく説明することも可能です。キャラクターデザインも得意としているので、お客様の要望に沿ったさまざまな表現のWebサイトを制作できます。

また、単に独自性があるだけのWebサイトではなく、使いやすさも重要視しています。Webサイトを見る方を第一に考えて、「わかりやすい・使いやすい・読みやすい」ユーザーフレンドリーなWebサイト制作を心がけておりますのでご安心ください。

Webサイトの制作を検討中で、時間をかけてしっかりと納得のいくWebサイトを作りたいとお考えの方は、ぜひ私たちPentagonまでご相談ください。

まとめ

WebマーケティングにおいてWebサイトの重要性は高まっており、Webサイトを制作するには自社で行う方法と外部に依頼する方法があります。

自社で制作する場合は、コストを抑えられ自由度の高いWebサイトを構築できるなどのメリットがあります。しかし、高度なWebの知識・技術が必要な点や、属人的なスキルに依存してしまうとWebサイトの管理運用でリスクが生じてしまう点には注意が必要です。

外部に依頼するとそれなりのお金は必要ですが、社内の業務負荷を軽減して魅力的Webサイトの構築が可能です。Webサイトの制作を進めていく際は、まずWebサイトの目的を明確にして記載する情報をよく精査することで、コンバージョンのアップを目指しましょう。

特徴的なデザインで他社と差をつけたい方は、PentagonにWebサイト制作をぜひお任せください。

\アプリ・Webサイト制作のご相談はこちら/ お問い合わせ