Webサイトのリニューアルで失敗しないために必要なこととは?

Webサイトは会社のオフィシャルサイトから商品の販売に至るまで、私たちの生活のさまざまな場面で活用されています。スマホからのアクセスも当たり前になった現代社会において、Webサイトは欠かせない存在です。そして、インターネットやパソコンなどの技術の発展とともに、Webサイトも進化を続けています。

この記事では、Webサイトをリニューアルするメリットや注意点について詳しくお伝えします。Webサイトのリニューアルで失敗しないためのポイントも解説するので、ぜひ参考にしてください。

Webサイトをリニューアルするメリットとは?

Webサイトのリニューアルは手間のかかる作業ですが、どのようなブラッシュアップを行えるのでしょうか。まずは、Webサイトのリニューアルにおけるメリットを整理してみましょう。

 “老朽化"した部分を改善できる

Webサイトをリニューアルすると、Webサイトの老朽化した部分を改善・改修できます。

Webサイトの老朽化とは、システム・デザイン・掲載情報などが古くなり問題が生じている状態です。Webサイトの関連技術の移り変わりは激しく、BtoB向けWebサイトは5~6年、BtoC向けWebサイトは3~4年、求人サイトは1年のスパンで新しいスタイルへ変化していると言われています。最新のバージョンにアップデートできていない老朽化したWebサイトは利便性やデザイン性に優れていないため、アクセス数にも影響が出ます。

例えば、近年の技術の進化はWebサイトを閲覧できる環境も拡張させました。

以前はWebサイトと言えばパソコンから閲覧することが一般的でしたが、現在では多くの方がスマホでインターネットを使っています。老朽化が進んでいるWebサイトでは、スマホに対応していないケースも珍しくありません。パソコン・スマホ・タブレット端末など、さまざまな最新のデバイスで快適に閲覧できることがWebサイトの最低条件です。

また、デザイン面でも古い画像やレイアウトを長期間使い続けることはユーザーからの印象を悪化させてしまいます。流行のWebサイトのスタイルも日々更新されているため、サイト改善や修正を行わずにいると、すぐにトレンドから取り残されてしまいます。

その他、掲載情報もWebサイトで定期的な手入れが必要な項目です。例えば、会社の住所を変更したら、Webサイトの情報修正も必要です。掲載コンテンツの情報に誤りがあれば、訂正して周知しなくてはなりません。掲載情報はユーザーがWebサイトの信頼性を判断するうえでの重要な情報です。リニューアルでは、こうした各種最新情報への更新も行えます。

コンテンツの整理

Webサイトの運営を続けていると問題になるのが、大量に増えてしまったコンテンツです。コンテンツの定期的な更新はWebサイトの集客に影響する重要な要素ですが、全く整理をしないとコンテンツの数だけが増加してしまいます。散らかったコンテンツは利便性に欠け、ユーザーは必要な情報をすぐに探し出せません。

Webサイトのリニューアルでは、コンテンツの整理や見直しを行えます。見やすいようにレイアウトを工夫したり、不要な情報を削除したりして、コンテンツを整えられます。

サイトの目的・ターゲットの変更

Webサイトを運営していると、方向性の変更が必要な場面も珍しくありません。そこで訴求やターゲットを変える際の手段としても、Webサイトのリニューアルは用いられます。例えば、会社のイメージアップが目的だったWebサイトで商品販売も開始したいのであれば、大幅な見直しが必要です。

ほかにも、Webサイトの対象を若者から中高年層に変更するのであれば、Webサイトのコンテンツの内容やデザインを再考しなければなりません。こうした大きな方向転換にもWebサイトのリニューアルは対応できます。

サイト運営の効率アップ

Webサイト運営の効率も、Webサイトのリニューアルで向上させられます。例えば、レコメンドツールを新たに導入すれば、ユーザーのニーズを把握して類似商品を案内できます。ユーザーが閲覧しているWebサイトの商品に関連するアイテムを提示してセットで購入を促す効果があり、興味のある商品に関連する製品をあわせて提案できるため、ECサイトなどで人気のツールです。

ほかにもパーソナライゼーションツールの導入などによって、ユーザーの行動に応じてアクションを取ることが可能です。

さらに、例えばこれまで静的に管理していたページを、CMSなどを導入して動的に管理するようにすれば、コンテンツの更新や修正もより手軽にできるでしょう。

ホームページ制作の外注をお考えの方へ

【お問い合わせ】ホームページ制作のご相談はこちらから

Webサイトのリニューアルには注意すべきリスクも!

Webサイトのリニューアルには多くのメリットがありますが、留意しておきたい注意点もあります。Webサイトのリニューアルのリスクも正しく認識しておくことが大切です。

では、具体的なポイントをチェックしていきましょう。

SEO評価に悪影響を与えるリスク

Webサイトをリニューアルすると一時的にアクセスが減少する可能性があります。検索エンジンが再評価を行い、SEO評価に反映されるまでのタイムラグが発生することが原因です。

また、SEO対策ができていない状況でWebサイトのリニューアルをしてしまうと、検索エンジンの再評価の結果、リニューアル前よりも上位にWebサイトが表示されないというケースもあります。上位にWebサイトが表示されないとアクセスの減少にも直結するので、Webサイトをリニューアルする際はSEO対策も配慮しましょう。

対策としてはディレクトリ構造を確定させ、前のページの評価をなるべく引き継げるよう、一対一対応で301リダイレクトの設定を行う必要があります。

既存ユーザーが離れるリスク

Webサイトで大規模なリニューアルが行われると、違和感を覚えるユーザーも一定数います。とても画期的で優れた改善が施されていたとしても、既存ユーザーにとっては使いやすいとは限りません。場合によってはWebサイトからユーザーが離れてしまうリスクもあります。

対処法としては、Webサイト本来の操作性には大きな変更は加えずに、コンテンツなどを変更する方法があります。

また、リニューアル前に社内などで実際にWebサイトを使ってもらい、アンケートを実施するのもおすすめです。ユーザーに対しては、事前にWebサイトのリニューアルの告知を実施し、リニューアル後には寄せられた意見に対して丁寧な対応を心がけましょう。

Webサイトのリニューアルで失敗しないための必須ステップ

それでは、実際にWebサイトのリニューアルに着手する際、何に気を付けて作業を進めるべきなのでしょうか。Webサイトのリニューアルを闇雲に進めると、思わぬポイントでつまずいてしまうケースも少なくありません。

失敗を回避してWebサイトのリニューアルを成功させるためにも、必ず行うべきステップについて解説します。

現状の問題点を明確化

Webサイトのリニューアルのスタート地点は、現状の問題点を明確化することです。ただなんとなくWebサイトの改善に着手すると、方向性が曖昧で目指すべきゴールが見えません。また、改善の優先順位もつけられないので、失敗の原因にもなりかねません。システムが老朽化しているのか、コンテンツが増えすぎているのかなど、現在のWebサイトの問題や課題をすべて洗い出しましょう。

そして、解決したい問題を明確にしておくことをおすすめします。もし現状の問題点が不明瞭な場合は、現状分析のフェーズからコンサルティングしてくれる制作会社に依頼することも一つの手です。上流工程から携わってくれるような会社であれば、希望や改善点などを深く理解したうえで制作を進めてくれるため、リニューアル後の認識の相違も最小限に抑えられるでしょう。

目標設定

Webサイトの目標としてKPIを設定しましょう。

KPIとはKey Performance Indicatorの略で、直訳すると重要業績評価指標を意味します。営業やマーケティングなどさまざまな分野でKPIが用いられますが、Webサイトではどの程度の成果を上げているのかを継続的に測る指標として活用できます。KPIはWebサイトの目的によって色々な項目を設定できますが、アクセス数・お問い合わせ数・購入数などが代表例です。

KPIを設定せずにWebサイトをリニューアルしても、問題がどこにあって何が改善されたのか分かりません。KPIでWebサイトの目標を忘れずに設定しましょう。

サイトの構成を整理

次に、Webサイトのリニューアルで重要なのが構成の整理です。ブログ記事やコラム、商品紹介ページなど、Webサイトはさまざまなコンテンツで構成されています。それぞれのコンテンツをより分かりやすく、そして魅力的にユーザーに伝えるにはどんな工夫ができるか考えてみましょう。

Webサイトの整理術としては、コンテンツマップの活用がおすすめです。コンテンツマップとは、Webサイトのコンテンツ構成を分かりやすく図式化したものです。オウンドメディアなどWebサイトのコンテンツ量が膨大になる場合は必ず作っておきましょう。

また、大きな理由がなければ既存コンテンツは更地化せずに、整理整頓を行ってWebサイトの質を向上させましょう。

Webサイトのデザイン・コンテンツの制作

続いて、Webサイトのデザインを再考して、必要に応じてコンテンツを追加します。デザインではWebサイト・広告ページ・ブログ・バナーなどさまざまな要素を考えます。

デザインの目的は、伝えたい内容を分かりやすくユーザーに届けるために、Webサイトの情報を整えることです。レイアウトや導線を工夫して、使い勝手の良いWebサイトになるように構成しましょう。既存のコンテンツを最大限に活用しつつ、文章・画像・動画・商品など、新しい要素も加えていきます。

魅力的なコンテンツを増やせれば、Webサイトへのアクセス数もアップします。

サイトの開発・コーディング

Webサイトのデザインやコンテンツの作成が終わったら、いよいよコーディングに移ります。

コーディングとはプログラミング言語を使ってソースコードを作成することです。Webサイトでのコーディング作業は、HTML・CSS・JavaScriptなどの言語を利用して、Webページを実際に形作っていく作業を指します。

また、コーディングでは単にWebサイトの見た目だけ整えれば良いわけではありません。運用後の修正や改善作業を想定し、実際にWebサイトを訪問するユーザーのことも考えて作業を進めることがポイントです。

総合的に使いやすく、デザインにも優れたWebサイトを目指してリニューアルしましょう。

公開後の効果測定・改善

Webサイトはリニューアルしたら終わりではなく、その後のWebサイト運営が重要です。設定したKPIにもとづき、Webサイトの効果測定と改善を継続的に実施しましょう。新商品の販売開始などのWebサイトの変化と、現状のデータから分析を行います。

例えば、Webサイトの更新は多いもののアクセス数が伸びないようであれば、コンテンツの質が不足しているかもしれません。一方、アクセス数は多いものの商品の購入数が伸びない場合は、導線の内容や訴求の方向性の見直しが必要です。

思うようにWebサイトで結果が出せない場合はもちろんですが、良い成果を残せた際も油断せずにPDCAサイクルを回して、効果測定と改善を行いましょう。

Webサイトリニューアルは制作のプロに相談しよう

今回はWebサイトのリニューアルをテーマに紹介してきました。

今やビジネスに欠かせないWebサイトですが、デバイスの多様化によってサイトの最適なあり方も変化しています。時代やユーザー層に応じて、常に良いものへと改修していくことが大切ですが、一方でサイトリニューアルなど大規模な改修においては気を付けるべき点もあります。

特に今回ご紹介したように、サイトのリニューアル前後でページの評価やアクセス数が落ちてしまうケースは珍しくありません。すでにある程度の集客が見込めているサイトの場合は、リニューアルが売上減少のきっかけになってしまう可能性もあるため、充分注意しましょう。リニューアルに際しては、こうしたSEOやデザインの知見などが必要不可欠なため、必ず専門知識や実績が豊富な制作会社に依頼するようにしましょう。

もし現在、Webサイトの制作会社をお探しの方は、ぜひPentagonまでご相談ください。

Pentagonは東京都のWeb制作やアプリ開発を行っている会社で、これまでに多くの会社のWebサイトを手掛けてきました。

Pentagonの強みは、印象に残るデザイン・Webサイトの高速化・SEO対策です。どれもWebサイトのリニューアルではポイントとなる要素で、手を抜かずに丁寧に対応しています。

少しでも興味を持たれた方は、ぜひお気軽にPentagonまでお問い合わせください。

\アプリ・Webサイト制作のご相談はこちら/ お問い合わせ