iOSアプリのアップロードを自動化!30分の時短

こんにちは!株式会社Pentagon代表の山本です。

同じ作業の繰り返しで時間を無駄にしていませんか?

今回は、iOSアプリの配布を自動化して30分時短をするお話です。

iOSアプリの配布には最短で40分くらいかかる

iOSアプリをテスターの方に配布するのには、通常40分以上の時間がかかります。

手動によるiOSアプリの配布は、以下の通りです。

  1. 開発したアプリをアーカイブ
  2. アーカイブで10分くらい待つ
  3. ボタンをポチポチ押していくつか項目をチェック
  4. アップロード
  5. アップロードで10分くらい待つ
  6. Apple Store Connectにアップロードしたアプリが出現
  7. 「処理中」というステータスが終わるのを待つ
    長いときは1時間くらい「処理中」で待つことになります。
  8. 「輸出コンプライアンス」のチェック
  9. ようやくテスターにアプリを配布できます。

待っている時間がかなり長く、非効率的です。

今回、これを改善しようと自動化を試みました。

iOSアプリを自動化して30分時短

fastlaneというツールを使用して、iOSアプリのアップロードにかかる時間を30分程度節約できました。

アプリを10回配布すると、5時間の節約をできることになります。

この時間は大きいですよね!

アプリの配布を自動化したいなどのご要望があれば、お気軽にお問い合わせください。

\アプリ・Webサイト制作のご相談はこちら/ お問い合わせ